アメリカ一周自動車の旅 (2000年4月〜6月)

ホーム

  • 詳しいルートマップ
  • 4/29までのログシート
    (Adobe Acrobat PDF file)
  • 変更後のログシート
    (Adobe Acrobat PDF file)
  • 行った場所の索引
  • route map

    プロローグ

    私が、スタンフォード大学の客員研究員だったとき、ふとした拍子で、 ラミネート加工された渋いアメリカのハイウエーマップを買うことになった。 この地図を広げると、アメリカ全体が見渡せるという代物だ。 これが、この旅行の始まりだろう。 それ以来、アメリカを車で一周したいと思うようになった。 そして、その思いは常に私についてまわり、日に日に募るばかりだった。 そのワクワクする思いはセスナ操縦のレッスンを始めたいと 思った時と同じくらい強かった。 ある晩、私はおおざっぱな一ヶ月の計画をたてた。 そして、この実行可能な計画を見たときから、 アメリカを車で回りたいと思う思いは抑えられなくなった。

    この計画を実行する最初のチャンスは1999年の11月、私が退職しようと 決めたときに訪れた。 しかし、出発のちょうど当日にわたしは2通のE-mailを受け取り、 私は出発を断念せざるを得なくなった。1通目のメールは私にとって とてもプラスなもので、歓迎しない手は無かったのだが、 もう一つの方は、非常に不幸な知らせであった。 とにかく、このメールは私の行く手を阻み、私はあきらめざるを得なかった。 いい知らせの処理を済ませ、悪い知らせに対処した後、私は二度目のチャンスを つかんだ。2000年4月10日のことである。 もともとの計画は、冬のはじめに立てたので、 San FransiscoからSeattleに北上し、その後Bostonまで大陸を横断し、 Key Westまで南下し、アメリカ中部を走り、San Fransiscoまでもどって来る つもりであった。が、今は春なので、私はまず、南下し、 アメリカ大陸を反時計回りに回ろうと決めた。 「流れ」がまるで、私に悪い時期をさけて最も旅行に適した時期を 選ばせたように思えるから不思議だ。 今まさに自分の力をためす時が来た。 全てをこの幸運の「流れ」にゆだねて。

    この場をかりて私を助けてくださった多くの人に感謝をしたい。 この旅行を実行させてくれた妻の久美、娘の真弥、母と父。 そして、準備期間の3ヶ月間もの間、私のJeepを預かってくれていた Sophia(ソフィア)、家に泊めてくれ、このホームページの 作成にもアドバイスをしてくれた Thorsten(トーステン)とTonia(トーニャ)、 メールで常に励ましてくれた三宅聡氏と真澄氏、 航空券等の情報を提供してくれた森岡仁志氏、 その他多くの、有形無形の援助を下さった多くの人に感謝する次第だ。

    さあ、一緒にアメリカ一周の旅に出よう

  • 4月10日 (月曜日) --再びCaliforniaへ!--
  • 4月11日 (火曜日) --Stanfordを出発--
  • 4月12日 (水曜日) --私の未来はここにある--
  • 4月13日 (木曜日) --Los Angeles--
  • 4月14日 (金曜日) --Death ValleyとLas Vegas--
  • 4月15日 (土曜日) --Hoover DamからGrand Canyonへ--
  • 4月16日 (日曜日) --South Rimと空からみたGrand Canyon--
  • 4月17日 (月曜日) --Grand Canyonを歩いて降りる--
  • 4月18日 (火曜日) --Grand Canyonを歩いて登る--
  • 4月19日 (水曜日) --WilliamsからPhoenixへ--
  • 4月20日 (木曜日) --マヤのもとへ--
  • 1回目の休憩 --私のJeepのかんたんな紹介--
  • 4月24日 (月曜日) --Phoenixから再開--
  • 4月25日 (火曜日) --Monument Valley--
  • 4月26日 (水曜日) --Monument Valley、Four Corners、Archesナショナルパーク--
  • 4月27日 (木曜日) --Colorado川に沿ってRocky Mountainへ--
  • 4月28日 (金曜日) --Coloradoでスキー--
  • 4月29日 (土曜日) --JeepがKansasで故障--
  • 4月30日 (日曜日) --Kansasで再び車が止まる--
  • 5月1日 (月曜日) --Denverから再開--
  • 5月2日 (火曜日) --Kansas CityからSt Louis、Memphisへ--
  • 5月3日 (水曜日) --New OrleansでJazz, Jazz, Jazz--
  • 5月4日 (木曜日) --New Orleans からFlorida州Tallahasseeまで--
  • 5月5日 (金曜日) --南FloridaのFort Myersにて--
  • 5月6日 (土曜日) --Evergladesナショナルパーク--
  • 5月7日 (日曜日) --Key West--
  • 5月8日 (月曜日) --Kennedy Space Center--
  • 5月9日 (火曜日) --グッドバイFlorida、ハローCharleston--
  • 5月10日 (水曜日) --CharlestonからRaleighへ--
  • 5月11日 (木曜日) --Blue Ridge ParkwayからShenandoah NPへ--
  • 5月12日 (金曜日) --Washington D.C.--
  • 5月13日 (土曜日) --PhiladelphiaとNew York--
  • 5月14日 (日曜日) --ちょっと休憩して家族のもとへ--
  • 2回目の休憩 --宿と食事について--
  • 5月17日 (水曜日) --再開、New Yorkから脱出--
  • 5月18日 (木曜日) --Niagaraの滝--
  • 5月19日 (金曜日) --Niagara Falls からCanadaをぬけてDetroitまで--
  • 5月20日 (土曜日) --Ford MuseumとMichigan湖--
  • 5月21日 (日曜日) --ファンキーシティーChicago--
  • 5月22日 (月曜日) --MilwaukeeとEau Claire--
  • 5月23日 (火曜日) --双子の都市、St. PaulとMinneapolis--
  • 5月24日 (水曜日) --MitchellからNorth Platteへ--
  • 5月25日 (木曜日) --Flaglerへ戻る--
  • 5月26日 (金曜日) --復活--
  • 5月27日 (土曜日) --South DakotaのBlack Hills--
  • 5月28日 (日曜日) --Mount Rushmore, Devil's TowerそしてMontana州へ--
  • 5月29日 (月曜日) --Beartooth pass峠からYellowstone NPへ--
  • 5月30日 (火曜日) --Yellowstoneナショナルパークの間欠泉と温泉--
  • 5月31日 (水曜日) --Grand TetonナショナルパークからSalt Lake Cityへ--
  • 6月1日 (木曜日) --Salt Lake City、Great Salt LakeそしてSalt Desert--
  • 6月2日 (金曜日) --Twin FallsからYakimaへ--
  • 6月3日 (土曜日) --Mount Rainierナショナルパーク--
  • 6月4日 (日曜日) --Seattle、すばらしく楽観的な街--
  • 6月5日 (月曜日) --Boeingの工場見学とOlympicナショナルパーク--
  • 6月6日 (火曜日) --Oregon州Newportまで101を走る--
  • 6月7日 (水曜日) --Californiaに戻ってくる--
  • 6月8日 (木曜日) --不幸な出来事によりSFOで中断--
  • 中断 --州の看板コレクション-- (画像が重いので注意)
  • 6月27日 (火曜日) --Stanfordで完結!!--
  • エピローグ

    旅行中多くのことが起こった。 いい思い出もあれば、悪い思い出もある。 でも全ていい経験だったと思う。 もっとも印象的だったのは Jeepが故障した時だろう。 が、このトラブルが無かったら、Colorado州FlaglarとKansas州Colbyの 親切な人たちに会わなかっただろう。 このトラブルのおかげで AAAにレッカーを頼んだり、見知らぬ人に電話で助けを求めたり、 ヒッチハイクをしたり、ナショナルレンタカーのフロントデスクで 特別のアレンジをお願いしたり、Citibankと格闘したりと、 多くの経験をした。 私はこの手の貴重な経験をいくらお金を出しても得られるものでは ないと自負している。

    これを読んでいる人の中にはどこが一番良かったか聞きたいと思っている 人がいるのではないだろうか?道中で別にアバンチュールがあった 訳ではないので、「ローマです」という風にはっきりと答えることはできない のだが、あえて挙げると、 Arizona州South Dakota州Montana州Wyoming州 のように広大で乾燥したところが好きである。 もちろん Colorado州 でのスキーは言わずもがなだが。 逆に、私は Chicago 以外の汚い大都市にうんざりした。 本文を読めばそれがどこかは容易に検討がつくだろう。 人が作ったものでは、 Kennedy Space Center (ケネディースペースセンター)Ford Museum (ヘンリーフォード博物館)Museum of Flight (航空博物館)Boeing factory (ボーイングの工場見学) に大いに感動した。 エンジニアとしての本性を再確認した次第だ。

    道中で「私は一人でアメリカを自動車で一周しているのです」 というと、「なんで、そんなことをするの?」と 聞かれることがしばしばあった。 そういうときはいつも、 「一人でアメリカをドライブして回るなんてすばらしい経験じゃないですか」 とか、 「う〜ん、これが私の生き方って感じかな」 とか 「人生における修行です」 などと説明して、わかってもらおうとした。 でも、それはいつもむだな努力だった。 いまでは、そういうばかな質問をする人は 旅のおもしろさ、人生における経験の大切さ、 人生のはかなさを理解できない人だと確信している。 そして、私の妻、両親、親友が決してそういう質問を しないということは、非常に恵まれているとつくづく思う次第である。


      コメント、訂正、激励、賞賛等がありましたら、
      tadao(a)azurescript.com
      までどんどんメールしてください。

    最終更新日 2003年8月14日

    Copyright (C) 橋本忠朗(はしもとただお)