5月30日 --Yellowstoneナショナルパークの間欠泉と温泉--


寒い夜だった。毛布を一枚多めにかぶったので体は暖かかったが、顔は 依然寒かった。思わず京都の冬を思い出した。私は大学生だった頃、京都の 銀閣寺近くの断熱の悪い小さな部屋に下宿していた。冬の朝目覚めると 体は布団の中で暖かいが、顔が非常に冷たかった。布団の中にもぐったまま 息が白くなるのが見られた。こんな状況だったので今朝は9:00になるまで 寝袋から出られなかった。

朝食後私は荷物をJeepにつめNorris Geyser Basinの駐車場まで行った。外に出る前に 昨日のレポートを済ませなければならなかった。私は車の中に座りラップトップを たたいた。外に出て遊歩道を歩き出したのは正午近くだった。私はエメラルドグリーン で腐った卵のにおいのする温泉と温泉たまりをたくさん見た。Norrisエリアには二つの 間欠泉があるーSteamboat GeyserとEchinus Geyserだ。前者は世界一大きな間欠泉 だが、めったに吹き上がらない。そこに行ってみると、「前の噴出は5月2日」と 書いてあった。こいつを待つわけにはいかない。もう一つの方もやはり大きいが、 これは約35分から75分おきに噴出する。私はこいつを待つことにした。 待っている間、クラッカーを食べ、手紙を書き、Seattleから来ているカップルと 話をした。風がきつく死んだ木が2本も倒れるのを見た。一時間待ったら 噴出が始まった。14:00頃だった。吹き上がるお湯は高さ約2m、直径約1mに 及んだ。風下にいた人たちは湯気とお湯をだいぶんかぶったようだ。 人々がお湯をさけている姿が滑稽だった。数分後、再びそこは静かになった。 感動的だった。

その後、私は非常に有名な間欠泉Old FaithfulのあるOld Faithfulまで南下した。 この間欠泉は約80分おきに噴出する。道すがらGibbon川のほとりに小さな小さな 温泉が湧いているのを見つけた。水にさわってみるととても暖かかった。 日本の温泉より少し熱い程度だろうか。再び日本の温泉が恋しくなった。 Old Faithfulについたのは16:00頃だった。私はカフェでバーガーを食べた。 ウェイトレスはとても気さくで、温泉の話をした。カフェを出るときキャッシャーで、 「Old Faithfulの前の噴出はいつでしたか?」と聞いた。彼女は、「前のが15:30 頃だったので、次のはおよそ16:50頃です。」と答えた。私は、「なんで わかるのですか?」と聞いた。すると「レンジャーステーションから噴出が あるたびに報告があるのです」とのことだった。これは本当に便利だと思った。 これぞこの間欠泉がFaithfulと呼ばれているゆえんである。 間欠泉の周りには多くのベンチがあった。そのうちの一つに座ってしばらく待った。 噴出は時間通りに始まった。沸騰したお湯が非常に高く上がり、それが約5分間 続いた。噴出のあと誰かが拍手をした。これもやはり感動的だった、が、私は Echinusの方が好きだ。というのもいつ噴出するかわからないからだ。 そう、あまり忠実すぎると魅力が薄れるのだ。

南に下る時間だ。南にはYellowstone Lakeがある。この湖にはWest Thumbと 呼ばれる大きな湾がある。West Thumbは典型的なカルデラで、やはり いくつかの温泉が岸辺にある。途中で何度か大陸分水嶺を横切った。私が ロッキー山脈の峰にいる証拠だ。一時間ほど車を走らせ岸辺に到達した。 私は遊歩道を歩いた。たくさんの温泉と温泉だまりがあった。中でも Blue Funnel Springはもっとも印象的な色で、Fishing Coneはもっとも可愛らしかった。 West Thumbの色も深い青色で美しかった。遊歩道沿いで鹿が草を食べているのを見た。 湖畔でのすばらしい夕暮れ時を過ごした。

私は再び車を南に走らせSouth Entranceからパークを出た。道の途中また枯れた森を 見た。今朝私はレンジャーの人になぜこれほど枯れた森があるのか尋ね、これらが 1988年の山火事のせいであることを知っていた。しかしそんなことを知っていても 心に痛みを感じずにはいられなかった。唯一の望みは若い木が大地から生えている ということだけだ。私はJohn D. Rockefeller, Jr.メモリアルパークウェイを走って すぐにGrand Tatonナショナルパークに入った。今晩キャンプする予定の Jackson湖のColter湾に到達した。青い湖の上に鋭い白と灰色の峰がたくさん見えた。 湖を見下ろすキャンプサイトを探し回ったが、結局見つけられなかった。 小さなサイトを一つ選び、一日を終えた。

噴出中のEchinus Geyser

Gibbon川沿いの小さな温泉

Old Faithfulの噴出

公園内の大陸分水嶺

Blue Funnel Springのすばらしい色

The Fishing Cone

1988年の山火事で焼かれた森


前の日 ------ 次の日

「アメリカ一周自動車の旅」に戻る


Copyright (C) Tadao Hashimoto