5月20日 --Ford MuseumとMichigan湖--


今日、私はHenry Ford博物館へ行った。Detroitでは必見の場所といえよう。 そこには車から家庭電化製品に至るまであらゆる物の展示がある。私は家庭電化製品 のコーナーからスタートした。そこには掃除機、キッチンのコンロ、洗濯機などなど あらゆる電化製品の歴史が紹介されてあった。私には使い古しのものをここに引き 取って展示してあるようにも見えたが、全てこぎれいできちんと展示されてあった。 そこにはまた、1700年代、1840年、1890年、1930年のキッチンの実寸モデルがあり、 技術の進歩が紹介されてあった。その後、私は農業のコーナーへ行った。そう、 アメリカの歴史は農業無しでは語れないのだ。そこには非常に多くの蒸気機関、 トラクター、そして巨大なコンバインが置いてあった。そして最も私の目を引いたの は、一頭の馬を使ったエンジンー馬の力で農機具を回す機械ーである。 ベルトコンベアーの上に馬が乗り、そしてその回転力をプーリーに伝えて機械を 動かすのだ。そう!出力はずばり一馬力である。それは、私が大昔に考えついた、 ハムスターの回るおもちゃで発電をするというくだらないアイデアを思い出させた。

私は、産業革命のコーナーへ行った。そこには工場や水をくむポンプ、発電器に使わ れる巨大な蒸気機関がたくさん展示されてあった。特にT型Fordの組立ラインで使用 された蒸気機関は、壮大で美しさすら覚えた。小さな農機用から巨大な工業用 へのエンジンの進化を見ると、技術の進化がどういう物なのかわかったような 気がした。その後、発電器に始まり、ランプ、電話、ラジオと続く電気工学の 歴史も見た。

その後、私はHenry Fordの歴史のコーナーに進んだ。私はその序の言葉に強く感銘を 受けた。ここに全文を引用する。「Henry Fordは自動車を発明したわけではない。 彼は組立ラインすら発明したわけではない。それでは、彼は何をしたというのだ? 彼はよく学んだ。彼は危険を顧みず挑戦した。彼は失敗を教訓にした。彼は製品を 仕上げ、プロセスを仕上げ、そしてアメリカの自動車産業の根底となるポリシーを 育て上げた。彼は有名になったが彼はいくつかの失敗も犯した。彼はこのすばらしい 博物館を、他の人々に力を与えるために造った。これは偉大な革新者の話である。 彼がよく学んだ教訓を共有するための話である。学ぶのを止めてはいけない」。 私は、彼のようになれるかどうかはわからないが、少なくとも、「学ぶのを止めては いけない」という同じポリシーを持っているだけでも心強い。Henry Fordの話で 私は松下幸之助の話を思い出した。世界中にこのようなサクセスストーリーは 五万とあるが、なにより大切なのはそう言う話から何かを学ぶことだと思う。

彼の歴史を学んだあと、私は世界で最初に組立ラインで製造されたという T型Fordを見た。T型Fordの横にはコンパニオンが立っていた。彼女は、乗って良いです よと言ってくれた。私はこんな経験ができるとは夢にも思っていなかった。その後、 私は歴代の大統領車を見た。中にはJohn F Kennedyが暗殺されたときに乗っていた 車もあった。この博物館には蒸気機関車の展示もあった。Allegheny Locomotiveは 最も大きく最も馬力のある蒸気機関車だ。それは本当に巨大で、ピストンが2セットあり それぞれ3つの動輪につながっていた。私はKennedy Space CenterでSaturn Vロケットを 見たときと同じ印象を持った。これぞアメリカの技術だ。広大な土地に住んでいる人 だけがこういったコンセプトに至るのだ。

偉大な博物館にいたく感動して、私は車にもどった。15:00だった。私はI-94号を Michigan Cityに向け西へ走った。途中わたしはBattle Creekという名前の町を 見つけた。私はその名の由来に非常に興味を持ち、フリーウェイを降りた。 私はダウンタウンの辺りを走り、Battle Creek Riverという川を見つけた。 私はこの町の由来を見つけることはできなかったが、この町がKelloggの生まれの 町であることを知った。そこにはCereal Cityという博物館まであった。 すでに閉まっているようだったので、写真だけ撮った。その後1時間あまり走り、 Michigan湖の近くまで来た。私はUS-12号に乗り換え、湖畔に行った。湖は夕日に輝いて いた。私は湖畔でSubwayのサンドイッチを食べた。そして、Indiana州の境を越え モーテルにチェックインした。

Henry Ford Museum

T型Fordに乗った!

Kennedy大統領のリムジン

Allegheny蒸気機関車

Battle CreekにあるKellogg Cereal City

Lake Michigan

Indiana州の境


前の日 ------ 次の日

「アメリカ一周自動車の旅」に戻る


Copyright (C) Tadao Hashimoto