5月12日 --Washington D.C.--


昨日の晩は風が強かったので、テントが吹き飛ばされないかと気が気でなく、あまり よく眠れなかった。8:00頃に起きて、朝食をとり、歯を磨いて、テントをたたんだ。 私はキャンプ場を出て、Parkwayに戻った。Front Royalまでは2時間くらいかかった。 その後、I-66号に乗り、Washington D.Cを目指した。Washington D.C.についたのは 13:00頃だった。私はフリーウェイを降りて駐車場を探しながら町を走った。道路は とても複雑で、そう簡単に駐車場を見つけることができなかった。私はWhite Houseと 逆方向に走らされ、East Potomac Parkにたどり着いた。無料の駐車場を見つけること はできたが、White Houseまでは歩いていける距離ではなかった。私はローラーブレード をはいてWashington D.Cの単独ツアーにでた。

Washington D.C.は蒸し暑く、Floridaよりも不快だった。White Houseは近く なかったが、ローラーブレードで何とかなる距離だった。途中、Thomas Jefferson MemorialやWashington Monumentを見た。実際あまりにメモリアル物が多すぎて、 全て見るのは困難だった。私はEllipseをかすめ、White Houseの北側正面まで到達 した。残念ながら中へのセルフツアーの時間は終わっていた。仕方がないので 「ローラーブレーダーがWhite Houseを征服する図」を撮って、次へ行った。 私はWhite Houseの周りを回って、EllipseにあるZero Milestoneへ行った。 これは全米のインターステートハイウェーの起点となっているマイルストーンだ。 ここまで長い距離を走ってきたので、私にとって、この地点だけは 見逃せないところだ。

ローラーブレーダーがWhite Houseを征服する図

私は少し疲れてきたが、Washington Monumentに再び行った。私は中の展示室へ入った。 なによりうれしかったのは展示でも何でもなく、エアコンの効いた部屋だった。 その後、私は西へ行き、Lincoln Memorialの写真を撮り、U.S. Capitolを見るため 東に向かった。地図を見るとWashington Monumentを中心に他の建物が配置してある のがよくわかる。北にWhite House、東にSmithonianとU.S. Capitol、南にThomas Jefferson Memorial、そして西にLincoln Memorialがある。当然他にもたくさん見所 はあるのだが。

Washington MonumentとU.S. Capitolの間には広いThe Mallと呼ばれる芝生がある。 そしてその両脇の通りに面していくつもの博物館がある。U.S. Capitolの写真を撮った あと、私はNational Air & Space museumに入った。他の芸術とか歴史とかでなく、 ここに入ったのは私の本性だと言えよう。でも今回は、私は疲れ切っていて、 飛行機の展示を見る気分になれなかった。私はトイレに行きコンタクトレンズを はずし、メインロビーの床でうたた寝をした。10分か20分後に再びレンズをつけ、 展示を見ながら歩き回った。私はYorktownの中で感じたのと同じ感覚を第二次世界大戦 の展示ブースで感じた。しかし、今回は本物の零戦とその技術力の高い評価を見て うれしく思った。

17:00頃に博物館を出て、ベースに戻った。途中、昼食をとっていないことに気づき、 売店に寄り、サンドイッチとノンシュガーのアイスティーを買った。このアイスティー は最高だった。私はローラーブレードツアーを終了し、Pentagonに車を 走らせた。Pentagonはハイウェーに囲まれており、道はとてもややこしかった。 私は何度もPentagonの周りを回り、ようやく写真を撮るのにふさわしい場所にたどり ついた。写真を撮った後、私は橋を何個か渡り、Washington D.C.の看板を探した。 しかし、今回は全く見つけることができなかった。私はあきらめて、Gladys Spellman Parkwayを北に向かった。Maryland州に入ったときも、看板を撮るのに一苦労した が、今回はしっかり撮影できた。私はBaltimoreまでにモーテルを見つけるつもり だったが、結局見つけられず、Baltimoreを過ぎたI-95号沿いに宿を見つけた。

The Washington Monument

The Zero Milestone

The U.S. Capitol

夕日に浮かぶPentagon

Maryland州に入る


前の日 ------ 次の日

「アメリカ一周自動車の旅」に戻る


Copyright (C) Tadao Hashimoto