5月11日 --Blue Ridge ParkwayからShenandoah NPへ--


Blue Ridge Parkwayはアパラチア山脈の尾根の南を469マイルに渡って走っている。 Raleighから南端のSouthern Endまで行くと大きな回り道になるので、私はParkwayの ほぼ中間地点から入ることにした。I-40号を西に走り、途中でUS-52号に乗り換え Parkwayの入り口まで北上した。途中、Subwayで昼食用にサンドイッチを買った。 ここのところ、野菜が不足しているので、Subwayは野菜を取るのに打ってつけだった。 私はVirginia州の州境を過ぎ、Hillsvilleという町に着いた。州境を通ったときに 「レーダー探知機は違法」と書かれた看板を見かけた。レーダーを禁止している州が あるとは知らなかった。とにかく、私はフロントガラスからレーダーをはずした。 Parkwayに入り、すこし北上した。緑と山に囲まれた道は、景色が最高だった。 私はピクニック場に車を止めて昼食をとった。ちょうど13:00だった。昼食後すぐに 走り続けた。緑は果てしなく続いた。制限速度ちかくでゆっくりと走り、景色を 楽しんだ。 しかし、3時間以上たつとさすがに単調な道に嫌気がさしてきた。その上、眠気も 数回おそってきた。私は何度も展望スポットで休憩をした。Norhern Endまで実に 6時間もかかった。私はアパラチア山脈の長さを実感した。

ShenandoahナショナルパークはちょうどBlue Ridge ParkwayのNorther Endから始まって いる。ParkwayはWashington D.C.から西に100マイルほど離れたFront Royalまで続いて いる。私はガソリンスタンドに寄り、再びParkwayに戻った。今度は入場料をとられる のだが、私には全米全てのナショナルパークにただで入れるGolden Eagle Passportが あるので、問題なかった。最初、私はNorthern End付近のモーテルかロッジに泊まろう と思っていたが、気が変わって、キャンプをすることにした。ゲートでキャンプ場の 場所を聞いた。なんと50マイルも先だと言われた。時刻は19:00で、すでにロング ドライブで疲れ果てた私の肉体には、50マイルは短い距離ではなかった。しかし、 私はキャンプ場まで行くことにした。夕日は沈みかけており、黒い山並みが薄いピンク 色の空に映えていた。展望台で写真を撮っている人を見かけた。私も車をとめ何枚か 写真を撮った。Parkの奥へ走っていくと、鹿がいた。 私は鹿の写真も撮ろうとしたが、車を止めると鹿はゆっくりと歩き去ってしまった。 写真は撮れなかった。その後、ついにキャンプ場へ着いた。驚いたことに、木曜日だ と言うのにたくさんの人がキャンプをしていた。私は手洗いの近くのサイトを選び セルフレジストレーションを済ませた。夕食を食べたときはすでにあたりは真っ暗 だった。

Virginia州の看板

Blue Ridge Parkwayに入る

Parkway沿いの緑は果てしなく続く

美しい眺め


前の日 ------ 次の日

「アメリカ一周自動車の旅」に戻る


Copyright (C) Tadao Hashimoto