5月9日 --グッドバイFlorida、ハローCharleston--


Florida州に別れを告げるときが来た。私は11:00までレポートを書き、モーテルを チェックアウトした。I-95号は順調に流れており、すぐに州境まで到達した。 この州は本当に楽しかった。もっとも常に制限速度を気にしないといけないのには 閉口したが。私はGeorgia州に入った。ほとんどの日本人はGeorgia州について 何も知らないだろうが、州都がAtlantaであることを知らされると、きっと、 「ああ、知ってる知ってる。」と言うに違いない。残念ながらAtlantaに立ち寄る 時間はなかった。I-95号沿いのSavannahに立ち寄る時間すらなかったのだから。 しかし、私は窓越しに見える緑と多くの川を楽しんだ。1、2時間でGeorgia州を通り 過ぎ、South Carolina州に入った。私はCharlestonに寄るのをやめようかと考えて いた。というのもNorth Carolina州の州都Raleighにいる友人が彼の大学を案内して くれると言ってきてくれていたからだ。Raleighに立ち寄るにはUS-17号でCharlestonに 行くよりI-95号を北上したほうが近道なのだ。しかし私は美しく歴史のある町、そして Charlestonダンス発祥の地であるCharlestonを見たくて仕方がなかった。 私はマイル数を見積もり、US-17号をCharlestonに向けて走ることにした。

US-17号は森の中を走り、17:00頃にはCharlestonに近いモーテルに着いた。私は チェックインし、昨日のレポートを仕上げた。このところ私はあまりに疲れていて 日々のレポートを常に次の日に先延ばすようになっていた。だから、私はダウンタウン に繰り出す前にレポートを仕上げなくてはと、奮起したのだった。

Charlestonの美しいウォーターフロント

ウォーターフロントに車を止めたのは20:00頃だった。私はローラーブレードをはき、 ウォーターフロント沿いの美しい遊歩道を散歩した。湾からのすがすがしい風を受け ながら歴史を漂わせた町並みを楽しんだ。写真を撮りながら一時間ほど町を回った。 あたりはすでに暗かったが、長い歴史を語るにふさわしい町並みを感じることが できた。モーテルに戻る道すがら、一件の中華料理屋を見つけた。私は小躍りして中に 入ったが、閉店直後だった。しかしウエーターは特別に持ち帰りの料理を 用意してくれた。これがStanfordを出て以来、最初の中華料理だった。

Georgia州の看板

South Carolina州の看板

Charlestonのとある教会


前の日 ------ 次の日

「アメリカ一周自動車の旅」に戻る


Copyright (C) Tadao Hashimoto