5月2日 --Kansas CityからSt Louis、Memphisへ--


Kansas CityはKansas州とMissouri州の境に位置するが、大部分はMissouri州にある。 私はMissouri州の看板を撮りたかったが、それは容易ではなかった。 州の境をまたぐ道は無数にあり、ほとんどの道には看板が付いてないからだ。 私は町を30分くらい走り回り、ようやく看板を見つけることができた。 私は写真を撮り、I-70号を東に向かった。Kansas Cityは大きな町なので 観光スポットもたくさんあるはずだが、私には時間がなかった。予定に追いつく ためにはここをとばさなくてはいけないのだ。しかし、この精神状態は次なる トラブルを引き起こしてしまった。St. Louisのすぐ手前で私はスピード違反で ハイウエーパトロールに捕まってしまった。はじめ警官は警告だけにとどめて おく、と言っていたのだが、途中で気が変わったようで、私に切符を切り始めた。 その上、彼は私の持ち物を検査したいと言い出した。なんてことだ。こともあろうに 彼は、私の荷物を全て開けたのだ。かれは拳銃かドラッグのようなものを探して いるように見えた。おそらく、カリフォルニアのライセンスを持った無職の日本人が コロラドナンバーの車を運転して、アメリカを一周しているのが彼には理解でき なかったのだろう。かれはエアバンドラジオに興味を示したが、別にこれは 違法でもなんでもないので、問題なかった。 私にとってこのトラブルはショッキングだった。私はどうも負の循環に陥って いるようだ。この旅行を楽しむためにはこの悪循環から早く脱出しなければ いけない。

私はSt. Louisに予定より1時間も遅れて到着した。私は歩き回る気にはなれなかった が、車を駐車場に止めた。私は河原まで歩き、写真を撮った。Mississippi川は 大きいが水は汚かった。Jefferson National Expansion Memorial Parkには 巨大なアーチがあった。一応写真を撮っておいた。公園は緑が美しかったが、 この4日間に受けた心の傷をいやすほどではなかった。

私はハンバーガーを買い、I-55号を南下した。Memphisはまだ280マイルも先であり、 しかも今回はスピードを出すことができなかった。今度捕まると免許を停止 される可能性があるので、びくびくしながら走った。途中、私は3カ所に電話をした。 私のJeepを修理しているメカニック、日本行きのチケットを手配してくれる旅行会社、 そして家族だ。家族に電話をしたのは、 あまりにもトラブルが続いていたので、日本でなにか悪いことが 起こっている知らせなのでは無いかと思い、心配になったからだ。幸い、不幸に陥って いるのは私だけだった。家族は皆、元気にしていた。Cape Girardeauを過ぎると、 時折、激しい雨に見舞われるようになった。Arkansas州の境を越え、Biythevilleという 所で夕食にした。ここはハイウエー沿いのサービスステーションではあったが、 ローストチキンとサラダは実においしかった。私はMemphisでの宿を予約した。 宿を探して夜のMemphisをさまようのをさけるためだ。 食事を終えて、出ようとすると激しい雷雨に見舞われた。West Memphisには 21:30に着いた。モーテルの受付の訛りで南部に来たことを実感した。

ついに看板を撮った

St. Louisの河原

St. Louisの巨大アーチ

Arkansasの境


前の日 ------ 次の日

「アメリカ一周自動車の旅」に戻る


Copyright (C) 橋本忠朗(はしもとただお)