4月25日 --Monument Valley--


Monument ValleyはFlagstaffからそれほど遠くないのに、私はなぜか急いでいた。 おそらく、昨日の疲れがまだ残っていたので、今日の目的地までなるべく早く 着きたかったのだろう。午前中にレポートを書き終え、11:00時にモーテルを出た。 私はステートハイウエー89号を北上した。途中でSunset CraterとWupatki Ruinという スポットがあったので、Sunset Craterへの周回道路へ入った。間抜けにも、私は 展望台から巨大なクレーターを見下ろせるものだと期待していた。もちろん、 クレーターは火山によってできているので、山の頂上高くにあるのだった。 私はクレーターの穴を見るのをあきらめて、廃墟に向かった。岩はひたすら赤く、 廃墟も赤かった。私にはこれがTudigootとの唯一の違いに見えた。 私はステートハイウエー89号に戻り、先を急いだ。途中で渋滞にはまった。 私は前に数台の 車が止まっているのに気づき、前で事故が起こっているに違いないと思った。 相当の遅れを覚悟しないといけなかったが、私は止まりたくなかった。 ちょうどそのとき、前の方でRV車が路肩から砂漠の中へ入っていくのが見えた。 私もそれに続くことにした。見たくなかったが、道にクラッシュしたトラック と女の人が倒れているのが見えた。私は回り道に出ることができ、その道はすぐに ハイウエーに合流した。

2、3時間後、私はKayentaという町に着いた。Monument Valleyはすぐ目前だった。 途中、たくさんの赤い岩の塔があった。私はvisitor centerに寄るつもりだったが、 見落としたようだった。モニュメントを全部通り過ぎ、Mexican Hatまで来てしまった。 Mexican Hatについて、なにも知識を持っていなかったので、その場所が何を意味する のかわからなかった。私は小さな集落に入り、San Juan川を渡り、なにか面白いものは ないかと思いながら走り続けた。おお〜、これこれ。私は遠くの山の上に奇妙な岩を 見つけた。私は砂利道に入り、岩に近づいた。これこそMexcan Hatだ。うんうん。

私は来た道を戻り、Monument Valleyのvisitor centerに着いた。 夕日に浮かんだ赤い塔の写真を撮り、案内をもらうために建物に入った。 カウンターではドイツ人が数人、キャンプの申し込みをしていた。 おお〜、キャンプか。これはいい。私も申し込んだ。Monument Valleyは 夕日に染まって真っ赤に焼けていた。そして、その色は星たちのために ダークブルーに変わっていた。今回の旅できれいな星を見たのは これが初めてだった。

Monument Valleyの夕べ

頂上にはSunset Craterがあるはず

Wupatki Ruin

Monument Valleyの塔

Mexican HatをかぶったCherokee


前の日 ------ 次の日

「アメリカ一周自動車の旅」に戻る


Copyright (C) 橋本忠朗(はしもとただお)