4月15日 --Hoover DamからGrand Canyonへ--


ひどい一日の始まりだった。頭はまだスロットマシーンのように 回っていた。まぶしい日差しが目に刺さって痛い。私はレポートを更新するのを あきらめた。安いモーテルのチェックアウト時間は12:00なのに、なぜ高級ホテル は11:00なんだろうか?私はGrand Canyonでの宿を予約して、 急いでチェックアウトした。私は全ての荷物を持って、ロビーから遙か向こうに あるセルフパーキングへ歩いていった。車に荷物をつめ、出発した。 Las Vegas Blvd.はひどい渋滞だったので、Tropicana Av.で抜け出しUS-93号の インターに向かった。途中でVonsスーパーマーケットに寄り、カリフォルニアロールを 買った。車の中で昼食をとりながらHoover Damへ向かった。US-93号は非常に速く 流れていた。一時間ほどでBoulder Cityというきれいな町に着いた。町をすぎると また渋滞にはまった。Hooverさんは水だけでなく車もせき止めるらしい。 ようやくビジターセンターへ着いた。

発電器

私はHoover Damの見学ツアーに参加した。このダムは本当にすばらしい。 私はぐるぐる回っている発電器を見たり、ダムを下から見上げたり、 足下のパイプを流れる水の振動を感じたりして楽しんだ。そして Las VegasがHoover Damからの豊かな電力の上に成り立っているという話が 間違いであると言うことを知って驚いた。Las Vegasは全体の4%しか買っておらず、 最もたくさんの電力を買っているのはSouthern Californiaだそうだ。 私は偉大な自然の中にそびえる人工物を堪能した。州の境はダムのちょうど真ん中 にあった。もっとも、Arizona州の看板は渋滞のなかを数分間走らないとでて こないのだが。

インターステート40号のジャンクションであるKingmanまでのUS-93号 ではまたもや本性を抑えられなかった。今度は赤い光でなく蜃気楼を追いかけて いたのだが。これは、終わりのないレースのようであるが、別の言い方をすれば 鼻の先ににんじんをぶら下げられた馬の様な状態であるとも言える。 私はハイウエーパトロールに細心の注意を払っていたが、 ねずみ取りが心配でならなかった。Kingmanで私はレーダー探知機を買うことにした。 これはI-40号を走る間非常に重宝した。Williamsで私はステートハイウエー64号に 乗り、20:00頃にTusayanに着いた。この先4日間、私はGrand Canyonを満喫するのだ。

Hoover Damにて

Hoover Damのプレート

Mead湖

Arizona州の看板


前の日 ------ 次の日

「アメリカ一周自動車の旅」に戻る


Copyright (C) 橋本忠朗(はしもとただお)