4月12日 --私の未来はここにある--


しばし旅行のことを忘れよう。 ここが私の未来のキャンパス、UCSB(カリフォルニア大学 サンタバーバラ校)だ。 今日は、私の未来の教授と研究室の人に会う事になっていた。 何も文句のつけようのない完璧なところで、 本当に将来を確信できた。 UCSBに入学するためにいくつかのオフィスを訪ねたが、 どこへ行っても、仕事が簡潔、明瞭であるのには驚いた。 何かしてもらいたいことがある時には、担当者を見つけて 頼むだけでよい。ここの誰もがとても親切で 適切な担当者を見つけてくれる。 そして、その担当者たちはみんなプロフェッショナルで、 期待通りの仕事をしてくれる。 私はなぜ過去はこうでなかったのかと不思議に思うほどだ。 ひとつ確実なのは、今の自分はしがらみのない自由な世界にいるということだ。 この自由は今後少しずつ損なわれていくのだろうが、 そのときには、それと引き替えの何かが必ず手にはいると確信している。

ダウンタウンで夜を楽しむ事もできたのだが、 焦ることはない。すぐにここに住むことになるのだから。

Goletaビーチの桟橋


前の日 ------ 次の日

「アメリカ一周自動車の旅」に戻る


Copyright (C) 橋本忠朗(はしもとただお)