12年連用「US土着日誌」 7月31日


前の日/次の日/ もくじに戻る


2017年7月31日(月)

朝から巨大な雑用を片づける。一安心。未だに時差ぼけ。t 辛い。

2016年7月31日(日)

今日も寝坊。午前中は買い物で終わる。午後は ブーゲンビリアの切り株を処理する。ごめんなさい。 夕方みんなでCampus Pointまで行く。ボディーボード をする。ゼニも海で遊ぶけど、あんまり好きじゃない。 結構楽しかった。

2015年7月31日(金)

やっと金曜日。今日は停滞ムード。 仕込みって感じかな。

2014年7月31日(木)

晴れ。今日も忙しい。

2013年7月31日(水)

曇り後晴れ。
Buggy復活。結局No.3シリンダーのexhaust gasket が破損していたためのbackfireだった。それプラス、 ピストンにリークがあるとのこと。それはシリンダー ヘッドを締め直してとりあえず直った感じ。
このところ乗り物の事故が多い。飛行機が着陸に失敗 したり、電車が脱線したり、衝突したり。こういうのって 連鎖反応のように起こるのだろうか?不思議だ。

2012年7月31日(火)

曇り後晴れ。
このところBuggyのアイドリングが不安定。気温が上がると 調整が必要なのかも。世の中ではオリンピックが 始まっているが、テレビのないうちには関係が無い話に なってしまっている。アメリカではケーブルか衛星に 入っていないとインターネットでも見ることができない。 もう、どうでもええわ。オリンピック。

2011年7月31日(日)

武田邦彦教授がしきりに政治家、官僚の欠陥を指摘している。 まったくその通りだと思う。バブルの処理にしても、今回の 原発の処理にしても、復興の支援にしても、どうしてこんなに 動きが遅いのか。それは全て縦割りで動けない制度に なっているからだ。この際、官僚制度を徹底的に見直したらどうか と思うが、「出る杭は打たれる」日本でリーダーシップを 発揮できる体制は構築できないのだろうな、きっと。 やっぱり日本に戻れない。

2010年7月31日(土)

今日はGucci Postに三原敦雄先生が良いことを書いておられたので 拝借する。海軍兵学校の「五省」というもらしい。
(1) 至誠(しせい)に悖(もと)る勿(な)かりしか
(2) 言行に恥ずる勿かりしか
(3) 気力に缺(か)くる勿りしか
(4) 努力に憾(うら)み勿りしか
(5) 不精に亘(わた)る勿りしか
こういうのは常に習慣としたいものだ。ちなみに私は松下電器に居たので 松下電気の
綱領
「産業人たるの本分に徹し 社会生活の改善と向上を図り 世界文化の 進展に寄与せんことを期す」
信条
「向上発展は各員の和親協力を得るに非ざれば得難し 各員至誠を 旨とし一致団結社務に服すること」
七精神
一、産業報国の精神
一、公明正大の精神
一、和親一致の精神
一、力闘向上の精神
一、礼節謙譲の精神
一、順応同化の精神
一、感謝報恩の精神
はたたき込まれたが、今ここに書こうとすると、辛うじて綱領の要点と七精神の4つしか 書けなくなっている。情けない。五省も松下電器の綱領・信条・七精神も 社会生活を営む上で普遍的に大切な事だと思うので、ここで もう一度唱えてみよう。
ちなみに、SixPointでは以前以下の三点を言い渡したことがある。
Safety first. Avoid any injury and accidents.
As a professional, minimize your mistakes.
As a professional, maximize your output.
もし正式にこういうのを作ることになったときはもう少し精神的な アスペクト、"Maintain your highest sprits to attain your goal."、 "Always be honest and sincere."や "Follow the flow of nature." なんて言うのも加えたいものだ。

2009年7月31日(金)

今日で7月も終わり。週明け日本を発つと私の夏も終わる。 その後は、8月新学期の準備、9月はまあまあ時間があって、 例年のごとく10、11、12はあっという間劇場。あ〜、恐ろしい。
今日の朝日新聞によると、日本が管理する空港は26港のうち22港が 赤字だそうだ。いったいどういう経営がされているのか、情けない。 ちなみに我が伊丹空港は黒字。まあ新規の設備投資をして居らず、 羽田ー伊丹間の路線で潤っているためと推測される。しかし、 先日乗った新幹線ではすでにワイヤレスインターネットサービスが 提供されている。飛行機でも無料でそういうサービスを入れないと わざわざ飛行機で大阪から東京に行こうと思う人がどんどん減るだろう。 所要時間のメリットを考えるとむしろ、東京ー福岡間の路線でいかに集客するかを 航空会社は考えるべきかも知れない。

2008年7月31日(木)

朝から霧雨。午後晴れ。
今日も疲れ気味。晩、大学へ行くと、装置を終夜で使われていた。 予約の仕方が終夜でないので、ちょっとむかついたが、仕方ないので帰宅。
橋下知事が伊丹空港の廃止も視野に入れて関空のてこ入れを考えるという ニュースを見て、思わずネットで知事への意見書を出してしまう。 伊丹を廃止したら、単に新大阪に人が流れるだけでしょう。国内線に 関空を使うくらいなら、みんな陸路を選びまっせ。神戸空港っていうのも できてしまったし。視野を世界に向けないと関空の問題は解決しないでしょう。 成田、セントレア、ソウル、北京、上海、台北、シンガポールくらいを 視野に入れてアジアでどう勝負するかを考えないと。まずは着陸料だろうな。

2007年7月31日(火)

今日でUCSBでのお勤めも最後。でも朝からdowntownで別の打ち合わせ。 午後から出勤。Maureen, Makiさんに挨拶をして、最後のお遊びデータ取りを して、そしてShujiにサンプルとデータを渡す。鍵を返したりパソコンを返したり するのが、時間切れでできなかった。Yukinaさんに言うと、木曜日の午前中に でも来てちょうだいと言われた。ちょっと中途半端な終わり方。

2006年7月31日(月)

天候:SBA ATIS チェックせず。

大阪、晴れ時々曇り。
時差ぼけのため、早朝から目が覚める。7:00前に朝食を終わらせ、 実家でシャワー。その後、子供の勉強を見る。それが終わるとセミ捕り。 今日は、クマゼミ、アブラゼミ、しじみちょう、アゲハチョウ、あおすじアゲハ、 赤とんぼ、しおからとんぼを捕まえた。昼からは久美の友達のたまやんの家に 行く。インターネットにつないでメールチェック。凪。それからピアノを弾いて、 フルートに挑戦。ぜんぜん音がならない。キャリア10年のたまやんは 気持ちよく吹いてうらやましい。くやしい。結局音ならず。 夜はこれまた時差ぼけのため、19:30頃に寝てしまう。

2005年7月31日(日)

天候:SBA ATIS チェックせず。

大阪、曇り後雨。夕方から晴れる。
朝から久美真弥恵奈を連れて墓参りへ行く。 日本一高い私鉄、能勢電で日生中央まで行き、その後、 タクシーで猪名川霊園まで行く。墓のある山頂まで行くと 雨が降り始める。墓を洗ったりしている間に土砂降りに。 それでも、雨の合間を見てろうそくと線香をつけて拝んで 帰ってくる。昼から恵奈と昼寝。午後はうだうだ。夜、真弥の 前の保育園の友達のかいとくんの家族と焼き肉食べ放題の店に行き、 その後、公園で花火をする。真弥恵奈にとっては貴重な花火体験。 私も久しぶりの花火を楽しむ。

2004年7月31日(土)

天候:SBA ATIS D 1553z, wind 160 4, vi 6 mist, 900ov, temp 16, dew p. 14, alt 29.92
服装:T-shirt, shorts

朝から晴れ。
少し朝寝坊。久美は結構気合いが入っていて、恵奈を連れて畑に 行く。自分は、掃除、洗濯。真弥の勉強が終わると、真弥恵奈と 公園で遊ぶ。昼食後、買い物。装置の様子を見る。問題なし。 明日のバーベキューに備え肉を買う。夜は肉をたれにつける。

本日の営業時間: 本日休業

2003年7月31日(木)

天候:SBA快晴
服装:polo shirt, long pants

長い一日。結局荷物はサムソナイトのスーツケース二つ、小型のスーツケース一つ、 段ボール箱二つ、恵奈の三輪車、紙袋。以上が預ける荷物。手荷物は大人用リュック サックが二つ、子供のリュックサックが二つ、パソコンが二つ入った小さな コロ付きのカバンが一つ、ベビーカーが一台。荷物を預けてしまえばまあまあ 楽。まやが成長したのでぐずらず、恵奈もまあまあ静かに寝たので楽な方だった。 それでも、よくはるばる来たものだと思う。今回の家族帯同は「土着計画」に おける重要なマイルストーンであることは言うまでもない。着々。
明日から仕事復帰。
本日誌の「天候」の後のコロンが全角、「服装」の後のコロンが半角になっている ことに気づく。日にちをたどると4/1からなっているようだ。愕然。また 折を見て直そう。

本日の営業時間: 本日休業

2002年7月31日(水)

SBA ATIS U 1453z, wind 120 5, vi 3 mist, 500ov, temp 16, dew p 15, alt 30.00

朝7:00頃は晴れていたのに、その後低い雲がでて、昼頃まで晴れなかった。今日は久しぶりに ボスとディスカッションをした。実験の進捗はいまいちだったが、ボスは思わぬところに 興味を示した。ちょっと寄り道をして実験をすることになった。
明日から家族が来るので楽しみだ。無事くることを願う。


前の日/次の日/ もくじに戻る


Copyright (C) Tadao Hashimoto