12年連用「US土着日誌」 7月25日


前の日/次の日/ もくじに戻る


2017年7月25日(火)

今日は某社で最終報告。これで今回のどさ回りは 完了。前に進みますように。

2016年7月25日(月)

目覚めは悪くなかったのに、体に力が入らない。 それでも頑張って素振りをする。仕事もいまいち 力が入らない。夏バテかな。

2015年7月25日(土)

朝寝坊。それでもクロゼンに8:00頃に起こされる。 午前中は庭の手入れ。午後は剣道。夕方帰宅して飲む ビールのうまいこと。そのまま食事をしてぶっ倒れて 寝てしまう。ちょっとしてから起きて、復活。 冷たいものばかりだとおなかが痛くなるので、 蕎麦茶を入れて飲む。これまたうまかった。幸せ。

2014年7月25日(金)

晴れ。今週は早かった。あっという間に一週間。 全然仕事が進んでいない感じ。

2013年7月25日(木)

曇り後晴れ。
疲れ気味。でも仕事でヒットが続く。いい感じ。

2012年7月25日(水)

曇り後晴れ。
夕方、剣道。 初心者もまあまあうまくなってきた。今日は立ち会って からの面打ち、小手打ち、胴打ち、小手面、面面。 結構楽しい。

2011年7月25日(月)

ドルがやたらと下がっている。 いつも私はタイミングを外されている。なさけない。

2010年7月25日(日)

朝曇り、昼前から晴れる。
今日は朝からBuggyのペンキ塗り。合間に 下の部屋を掃除したりする。昼食はトマトとバジルの スパゲティー。昼からもペンキ。15:00からアボガドロールを 作って、またペンキ。18:00前からAngellaのご近所パーティーに 参加。森岡たちは19:00過ぎに来る。疲れているようだったので、 家に戻ってだべる。20:00頃にまきこさんと子供だけ 先にモーテルに行くことにする。森岡はあとから戻ってきて 0:00前までしゃべる。

2009年7月25日(土)

大阪は雨が降った模様。
無事KIXに着いて、そこで両替等を済ませてバスにのる。 大阪空港まで移動してそこからタクシーで帰宅。タクシーの 運転手と話をする。なんと日本交通タクシーは24時間勤務だそうだ。 運転手はだいたい午前3時から乗って、翌日の2時くらいに上がって、 洗車、事務処理で3時に上がって、その次の日は休み。 そしてその次の日また勤務だそうな。こんなことしてたら 死んでしまいそう。事故起こさないのだろうか?恐ろしすぎ。

2008年7月25日(金)

朝から晴れ。
先日You Tubeでひょんな拍子に河合奈保子のCM映像に出くわした。 懐かしい。それにしても河合奈保子は今見てもかわいらしい。しかも今で言う巨乳。 歌も悪くない。どうして彼女より松田聖子があれほどまでに売れたのか、 今から考えると結構不思議。松田聖子は顔も今になって改めて見てみるとそれほど 美人ではないし、胸もあまりない。歌も結構音程をはずしていた。それなのに、 80年代のアイドルの王座を射止めた。分析するに、事務所の力、 それから、いい作曲、作詞家に恵まれた、それに加えて彼女のアイドルに適した 性格が相乗効果を生んだのであろう。
UCSBのwest gateに新しいgateができている。バブリー感あふれる 無用の長物。しかも丁寧に工事費を寄付した人の名前が付いてある。 下品至極。そしてゲートをくぐると真っ先に見えてくるのが、趣味の悪いCNSIビル。 なんで、黒と灰色の縦線が入っているのかと思っていたら、今度は これまた悪趣味な壁画が描かれていた。ビルの正面が白黒モノトーン、 右側がパステルカラーの象形デザイン。もう取り返しがつかないくらい かっこわるい。その奥には比較的まともなEngineering Science Building とかもう少し行くとこれまた比較的まともなAlumni Buildingがあるのに。 10年後に振り返ってあのころはやっぱりバブルだったねって、アメリカ人は 素直に反省するだろうか?
夜、素ティこりおじさんから電話。転職でいろいろと苦労しているようだ。 40で博士持ち。彼の分野ではかなりの経験がある。会社としては、 すっぽりはまるところがないと、採りにくい人材だ。彼は管理職というよりは 技術のブレインのような立場を目指しているようだが、それも 会社ではなかなか見つけられない立場だ。しかも、今いる大企業より いい給料を目指している。かなり厳しいと感じる。彼と話していて工学分野での 博士号というのはなんなのかと改めて考えてしまった。師匠、松波先生は、 「足の裏の米粒」という絶妙な表現をしていた。その心は、「やたらと 取りたいけど、取っても食えない」ということで、言い得て妙である。 私も、Ph.Dコースに入ったのは「やたらと取りたかった」からであり、 その動機はかなり自己を満足させるために近い。自分の人生の於いて クリアしておきたいものの一つであったとも言える。 しかし今、ベンチャー会社の長となって、Ph.Dを持った技術者をどう見るかと いうと、やはり、自分の専門知識で1事業興してもらいたいと思ってしまう。 Ph.Dを雇うと年俸$100,000、それに付帯する費用もあわせて ざっくりと年$150,000。それだけのコストに見合った働きを してもらわないと雇う方としては割に合わない。普通の研究なら、 学部卒をその半額で雇って、自分の指示通りに研究させればいい。 だからPh.Dのコストに見合った働きというのは、新規事業の創出なのでは ないかと思う。若いうちにPh.Dコースに入った場合、卒業後にPos Docなんか をして、その間に自分の技術を極め、それで食っていけるようにすればいい。 しかし、社会人ドクターで博士号を取って40歳になってしまった場合、 自分の持っている技術でプロジェクトを立ち上げ、そのリーダーとなって 事業にまで持っていくという道以外、給料を上げていく道はないのではなかろうか? 私の場合は、30歳を過ぎてPh.Dコースに入ったので、卒業後のビジョンを しっかり持って、コース内での研究テーマを注意深く選んだ。実験やったらすぐに結果がでて、 すぐに卒業できるというテーマは選ばなかった。世の中の大多数が まだ目を付けて無くて、それでいて成功すると大きなインパクトのあるものを 選んだ。30歳過ぎてからだったので、ハイリスクハイリターンをねらうしか無かった。 失敗したら普通のサラリーマン研究者に戻ろうという覚悟だった。 会社の立場からすればPh.Dの人材が平の値段で仕事をしてくれるのなら、 大喜びで雇う。Ph.Dだと威張らなければ食っていくことはできるのだ。

2007年7月25日(水)

今日も朝、低い雲、昼前に晴れる。
朝から大学にある自分の本とかを車に積み、 Buelltonへ。終日Buelltonで雑用。このところ 寝るのが遅くていかん。かかとの痛みは ましになったが、今度は膝が痛い。 新しい家のインターネットが今日開通。これで ハッキングしなくて済む。

2006年7月25日(火)

天候:SBA ATIS X 1953z, wind 120 8, vi 9, few 200, temp 24, dew p 20, alt 29.75

今日も暑い。その上霧が出たりして湿度も高い。LAでは記録的な暑さとか。
朝から恐怖の歯医者。前回の藪医者に痛い麻酔注射をされて以来、 少しトラウマ気味。しかも今日はroot canal treatment(根幹治療)。インターネットで 調べると、何種類もの細いヤスリで根幹を掃除する必要があり、きちんとしないと あとで膿んできたりするとのこと。かなり心配しながら行く。でも今日はイケ面のDr. Arhi。 準備された器具の中に、ウェブページで見たようなヤスリが有ったので少しほっとする。 しかもイケ面Dr. Arhiは麻酔注射もうまい。ほとんど痛みを感じないで麻酔完了。 その上、イケ面Dr. Arhiはヤスリを丹念にチェックして助手にこの番号とこの番号のやつを 新しいのに替えてくれと、細かく指示。これでかなり安心した。途中うとうとと寝てしまったが、 11:00頃には無事終了。根幹を掃除したあとにX線をとり、きちんと穴が空いているかチェックし、 しかも充填をした後もX線でチェック。きちんとできているはずだと安心して帰宅。 更に今日は昼食を食べることもできた。イケ面Dr. Arhiに感謝。 昼から大学へ。サンプルの取り出し。装置の洗浄。proceedingsの提出。忙しいが なんとかこなす。悪くない。夕食は昨日釣った鯖を一夜干ししたのを焼いて食べる。 これがいけなかったのか、夜にひどい下痢。う〜ん、やはり鯖は足が早いから 一夜干しはだめなのかな?

2005年7月25日(月)

天候:SBA ATIS チェックせず。

上海、晴れ時々曇り。 時差ぼけで朝5:30に目が覚める。6:45に起きるつもりだったが、眠れず、 結局早起きして、人民広場まで行ってじいさんばあさんの太極拳を見ようと決める。 地下鉄で人民広場まで行くと、朝7:00前だというのに、公園は老人ですごい賑わい。 7:00前なのにすでに暑い。公園内のベンチに座り、コンビニで買ったパンを食べる。 食べているうちに、花壇の花がつぼみからどんどん開いていく。上海市政府、博物館 などの写真を撮る。一通り回って7:30。時間をもてあましたので、予定で朝一に 行く予定だった静安寺に行くことにする。地下鉄2駅分(梅田ー本町程度の距離)を 歩いて静安寺に着く。都会の中のコンクリ造りの寺に少し幻滅する。しかも入場料10元。 中での線香に2元、賽銭に2元、併せて14元使った。その後、また人民公園の方へ 歩いていき、ANAでフライトのリコンファームをする。そして、明日の中国雑伎団のチケットを買う。 これは高くて200元。starbucksでiced latteを買う、22元。その後、石門一路から二駅 地下鉄に乗り河南中路の歩行者天国へ行く。子供が旅行会社のカードを配っている。 一日で30元かせぐらしい。一通り歩き、本屋へ行きCD、DVD、VCDを買う。占めて 79.50元。昼食をその辺のぼろい店でラージャン麺を食べる。5元。むちゃ安い。 その後、外灘へ行きCITI Bankでアカウントを開く。15:30頃まで銀行に居て、その後、 両替をしたいというと、外国人の客がたくさん居て待ち時間が長いので、 裏の中国銀行へ行けと言われる。中国銀行へ入ろうとすると、門の外で ヤミ両替の人がたかってくる。無視をして銀行内へ。銀行内にも銀行員なのか、 そうでないのかわからない人が居て、声をかけてくる。でもその人が銀行員に 言って順番待ちのチケットをとってくれた。窓口でチェックにサインをして渡すと、 パスポートのサインと違い、またT/Cのサインが一致していないように見られたので、 もう一度チェックの裏にサインをするように言われる。中国語がいまいちわからず、 活字体で書くと、怒り出す。もう一度言われ、またわからないので、漢字で書くと 激怒し始める。激怒した彼女は他の行員に文句を言いまくり、結局英語の話せる 人が説明してくれた。もう一度サインして、アメリカのカリフォルニアの免許証を見せて サインが同じ事を示す。彼女は私に目を合わせずにレシートとお金とパスポートを 渡した。むっちゃむかついたので、たまたま窓口に合った、満意、不満意の アンケートスイッチの不満意のスイッチを押して帰ってくる。でも結局ここでの 両替がもっとも率がよく、1USD=803.42RMBだった。その後、渡し船に乗って(2元)、 浦東地区へ行く。渡し船の着き場を降りると誰も住んでいない高層マンションが 林立しているところへ着いた。ちょっと歩くと、不動産屋がたくさんある。 値段を見てみると200〜700万元程度だった。平均で600K USD。高いな〜。 だいたい街がゴーストタウンのように誰も住んでいないのに、これから 人が住むのだろうか?怪しすぎる。旅行者の集まるところには必ずと 言っていいほどペットボトルを集めている人がいる。夕食はまたその辺の ファミレスのようなレストランでワンタンメンと白菜を食べる。 今日の感想、街の感じ、若者の感じはもう日本とほぼ同じ。 でもその中で、子供がビラ配りをしていたり、老若男女を問わずペットボトル 集めをしていたり、バスも冷房車と非冷房車があったり、20年前の日本のようだ。 貧富の差がかなり激しい。物価は日本の半分と言う感じ。 街はかなり歩きにくく、交差点を渡るのは赤でも 突進してくる右折左折の車をよけながらなので、かなり危険。

2004年7月25日(日)

天候:SBA ATIS I 0353z, wind 100 3, vi 10, skc, temp 17, dew p. 15, alt 29.88
服装:T-shirt, shorts

朝から晴れ。
朝から久美に散髪をしてもらう♪ずっと鬱陶しかったのがすっきりした。 その後、真弥恵奈の近所友だちのゆりちゃんの誕生日パーティー。 久美と自分は交代で畑仕事をする。私は成長して網を突き破りそうな キュウリの網をやり直す。やはり中国人のように初めから藤棚の ようなものをつくっておけばよかった。キュウリはこのところ がんがんとれる。日に2,3本はとれる。 畑仕事のあとダウンタウンまで トーステンの子どもにもっていくおもちゃを買いに行く。 帰ってきて餃子をつつむ。ビールを飲む。五臓六腑にしぴわたる。

本日の営業時間: 本日休業

2003年7月25日(金)

天候:KIX曇り
服装: Polo-shirt, long pants

夕方にKIXにつく。そこから大阪空港までバスで行き、大阪空港からタクシーで 自宅へ。毎回帰国するたびにタクシーの運転手に景気を聞く。まださっぱり のようだ。タクシーの運転手では月収20万円いかないらしい。やはり厳しい。
家族と久々の対面。娘の成長の驚かされる。

本日の営業時間: 本日休業

2002年7月25日(木)

SBA ATIS K 1353z, 130 4, vi 10, skc, temp 22, dew p 16, alt 30.04

朝から快晴。すこし暑い。日本の暑さとは比べものにならないが。 仕事ははかどった。実験もしたし、装置の立ち上げも進んだ。その分 家に帰ってぐったりと疲れた。でも充実。


前の日/次の日/ もくじに戻る


Copyright (C) Tadao Hashimoto