12年連用「US土着日誌」 7月24日


前の日/次の日/ もくじに戻る


2017年7月24日(月)

朝から打ち合わせ。 夕食は築地で寿司。そろそろ疲れてきた。

2016年7月24日(日)

今朝も朝寝坊。午前中は買い物。昼から車庫側の 花壇を耕す。前と同じケールとねぎを植える 予定だが、ちょうちょを防ぐために網を張ることに する。枠は完成。またその横のブーゲンビリアを 切ってしまう。まだ株が残っているが時間を見て 株ごと掘り起こそう。夕食は餃子。

2015年7月24日(金)

毎日、起きられない。でも来週からはちゃんと 起きてジョギングをしよう。仕事は忙しい。 プロジェクトをたくさん抱えて大変だが 一歩一歩進んでいる。がんばろ〜。

2014年7月24日(木)

晴れ。今日はチョロで出勤。仕事はまあぼちぼち。 1日にできることは限られている。こつこつと 頑張ろう。
先日のマレーシア航空撃墜とその前のハイジャックが 関連しているとの陰謀説が出てきた。本当かもしれない。

2013年7月24日(水)

曇り後晴れ。
Buggyの調子が悪い。帰りは40mphくらいしか 出せず。バルブの調整をやってみて、だめならプロに 見てもらうしかない。

2012年7月24日(火)

曇り後晴れ。
去年、もうドルは70円後半だったのか。時間が経つのが早い。 手首から二の腕にかけてだるさがひどい。パソコンのしすぎかな、 それともしないの振りすぎかな?

2011年7月24日(日)

円高は70円台後半で定着している。なんとかしてもらいたい ものだが、これはあらゆる識者が指摘するように、円高というよりも 世界的なドル安なので、どうにもならない。ドルの急暴落だけは 避けてもらいたいものだ。

2010年7月24日(土)

曇り後晴れ。
今日は朝からBuggy。一応、布団を干すために 物干し台を玄関の前に置いて、日が照るのを待ちながら Buggyのbodyを修理する。10:00頃に日が照ってきたので 布団を干す。昼までみっちりBuggyをやって、昼食。 昼から、リサイクルとAlbertsons。帰ってきてからも みっちりBuggy。おやつを食べてまたひたすらBuggy。 布団は二人分干す。それ以外のひたすら車体の ペイントはがれ、錆びをサンドペーパーで処理したり、 エポキシで埋めたり、ファイバーグラスのパーツを ペイントしたりする。とりあえず、夜には車体全体を 磨き終わる。あしたは、エポキシで固めたところと バンパーを磨いていよいよ車体のペイントに入る。

2009年7月24日(金)

SBAは晴れ。SFOは曇り。
朝4:45に目覚める。5:00に起きるつもりだったが、 起きて、朝食を取る。二度寝するつもりだったが、 目が覚めたので、そのまま出発の用意をする。 時間があったのでメールチェックもできた。 気づくと5:50だった。SBAまでチョロで行って、 何事もなくSFOに着いた。ラッキー。SFOに着いたのは 8:00だったのでカフェでまた朝食を取る。そこで、 中国人系アメリカ人と思われる家族を見る。小さな男の子の兄弟が カフェでこれを買ってくれとねだっている。お父さんは お母さんに聞けと言う。お母さんはOKといった模様。 で小さな子供がヨーグルトを選ぶとお兄ちゃんもほしいと言って つかんだ。お母さんはびしっと一個だけよという。 先日のアメリカ人のお母さんとはえらい違い。OKはちゃんとOKといって だめなのはびしっとだめという。男の子はやんちゃだったが、 ちゃんと言うことを聞いていた。これで良いのだと思う。 SFOからのフライトも問題なく出発した。

2008年7月24日(木)

低い雲後晴れ。
今日はスピード違反の裁判所出頭のため、5:20に起床。 朝早いのでパン焼きはしくじれないと思っていたのに、起きて パン焼き器を開けるとなんとおだんごパン。見事にイーストを入れ忘れていた。 仕方がないので、おだんごパンとヨーグルトとコーヒーで朝食を済ませる。 7:00過ぎに家をでてLompocまで。8:00過ぎにregistrationをして、9:30から courtが開く。今日は有罪が無罪かを宣誓するだけ。Evidence無しで 何マイル出ていたかもわからない状態で切符を切られたので、Not guiltyと言って、 Court trialを申請。今日はこれだけ。
Reuter JP、「FRBは世界のインフレ圧力緩和のため利上げすべき=欧州のG7筋」 と言うことで、対ドルユーロ高のあおりをもろにくらっている欧州の首脳なら 当然こういうだろうし、ドルをばかすか刷って世界にばらまいて、明らかに グローバルレベルでのドル余り状況になっているのだから、ドル金利を上げるのは 至極理にかなっている。でもバブル崩壊後のアメリカでそれをすると国内は パニックですね。アメリカもそのうちゼロ金利政策、行きますか?もう 日本のこと批判できなくなりますぜ。

2007年7月24日(火)

今日は朝、低い雲、午後晴れ。
終日家で論文書きと雑用。膝が痛い。 家もだいぶん片づいてきたが、まだまだ箱がいっぱいある。

2006年7月24日(月)

天候:SBA ATIS E 1953z, wind var 4, vi 10, skc, temp 27, dew p 19, alt 29.92

暑い。早朝霧が出るが午前中から晴れ。
朝から久美真弥恵奈を空港へ送る。セキュリティーに入るまで見送って、 一度帰宅。洗濯をかけつつ畑の手入れ。昼前に大学へ行く。proceedingsの 校正をしようと思ってファイルを移したところ、新しいファイルを古いファイルで 上書きしてしまう。かなりショック。仕方がないので、打ち出した原稿を見つつ タイプし直す。昼過ぎにランの停止。Edに手伝ってもらう。少し話をする。 彼もバルク結晶成長のテーマなので、かなり我慢の研究を強いられている。本当に偉い。 夕方までにproceedingsを復元。夕方はdown town pierでさびき。今日はいまいち。 鯖が二匹。開いて一夜干しにしてみる。

2005年7月24日(日)

天候:SBA ATIS チェックせず。

UA857便。乗客の半分が中国人、後半分が外国人と言った感じ。 数人の人と話したが、みんなビジネス目的だった。隣の席のにいちゃんは、 Intelの中国支社からの派遣でSacramentoに一年居て、任期を終えて 帰国するらしい。アメリカでもアパート、車付きのかなりいい待遇のようだ。 アメリカ人のヨット製造会社のコンサルタントもいた。上海でヨットメーカの 立ち上げを手伝うビジネスをするらしい。
機内で映画を二本も見てしまった。二本ともよかった。
上海に着く。荷物にPriority tagをつけてもらっているのに、 なかなか出てこない。ようやく出てきたので、両替をしに行く。 両替はSFOでは1USD=7.035RMB。中国の空港の銀行では、1USD=809.38RMB。 しかし、100USDのT/Cを出すと、コミッションを0.75USDとられ、実質99.25USDとなる。 そして更に両替後50RMBの手数料をとられ、結局手元には$753.00RMBが残る。 実質換算レートは1USD=7.53RMB。SFOの空港でのコミッションがいくらなのか、 しりたいところ。両替後、リニアモーターカーに乗ろうと駅に向かう。 地球の歩き方では17:30までと書いてあったが、自分の目で確かめたかったのだ。 駅に行こうとすると、変なにーちゃんが中国語で話しかけてくる。trainの大使だそうだ。 もう営業が終わってるか聞いても、見てみようと言うだけでのこのこ着いてくる。 結局、切符売り場は閉まっていた。にーちゃんには我自己走。我不要ni3と言って おっぱらう。たぶん白タクかなにかだろう。飛行機の中で下調べをしていたので、 目的のバス6線の乗り場に行く。バスの前にねーちゃんがいたので、静安寺まで 行く、というと、ねーちゃんはそれならタクシーだと言い出す。するとバスの中から もう一人のネーチャンが出てきて、早く乗れと言った。とりあえず乗ったバスで 正しかった。はじめのねーちゃんはこれまた白タクだろう。バスが走り出すと バスに乗っている切符売りのねーちゃんが切符を売り始めた。静安寺までと 言うと、18RMBだった。バスに乗っていると、建築中、建築済みの高層マンションが たくさんあったが、うわさ通り、明かりがついているのは10%以下と言ったところ。 マンション自体の屋上に照明があるものあり、その一角は一見明るくて栄えて いるような感じだが、人が住むべき階は暗い。人が歩いているところは 昔ながらのぼろ屋がならんでいるところとか、中国人向けのマンションのあるところ といった感じ。そういうところにはコンビニもたくさんあった。
ずーっと乗っていて、そろそろかと思った頃に、 ねーちゃんがあんたどこまで?と聞いてきたので、静安寺までと答えた。 するとねーちゃんはもう過ぎたよとしゃあしゃあと言った。ちゃんと目的地を 言ったのに覚えてないのか!とにかくすぐ近くのバス停でおろしてもらう。 静安寺は歩いて5分くらい戻るらしい。言われた通りに戻りかけ、 ホテルの住所を確認すると、どうやら、戻らずに先に行かないといけないようだ。 かなり先に歩いてようやくホテルに着く。瑞峰公寓酒店。地下鉄の駅からは かなり遠いようだが、設備はなかなか。空調もばっちり。レセプションも日本の ビジホレベルというところ。エアコンをつけてしばらくテレビを見る。 日本語放送もあったしCNNもあった。現地のテレビはぱっと見、日本と変わらない。 本当に、言語が違うだけで、感じは日本と同じだ。そのあと、風呂に入って寝る。

2004年7月24日(土)

天候:SBA ATIS チェックし忘れ
服装:T-shirt, shorts

朝から晴れ。
午前中、掃除、子どもを公園で遊ばせる。昼から大学へ行きランを止める。 学会帰りの秩父さんをゲストに招いて、ラン停止手順。トラブりかけるが なんとか通常手順でランを停止する。その後、秩父さんと少しディスカッション をする。実験結果で分からなかったことを明快に解説してもらう。 目から鱗が落ちる思い。夕方、買い物、あとはいつも通り。週末、どうしても 夜寝るのが遅くなり、朝寝坊になる。いかんいかん。

本日の営業時間: 13:00-15:30 (2h30m)

2003年7月24日(木)

天候:SBA ATIS N 1353z, wind calm, vi 3/4 mist, 200ov, temp 17, dew p 16, alt 29.92
服装: T-shirt, shorts

Santa Barbaraは朝から霧。朝のフライトでSFOまで飛び、その後 おみやげを買って、UA809に乗る。28Lまでtaxiしたのに、28Lをtaxiして ゲートまで戻る。所有者の無いbaggageを下ろして再びtaxi。 このハプニング以外はいつも通りの帰国。 "How to lose a guy in 10 days." という恋愛物の映画を見て、一日を終える。

本日の営業時間: 本日休業

2002年7月24日(水)

SBA ATIS R 1353z, 090 3, vi 10, skc, temp 17, dew p 16, alt 30.02

今日も朝から晴れ。高い鰯雲がでた。Machine shopでの安全テストに受かり、 無事今日からMachine shopで作業を始めることができた。
早めに帰り、料理した。牛肉、ジャガイモ、にんじん、たまねぎを和風に 煮込むべく、ゆでていたのだが、無性にクリームシチューを食べたくなった。 料理の本を見て、クリームシチューのルーの作り方を探したが、 「お料理一年生」を唱った雑誌は全く役に立たなかった。 「ここでハウスのルーを入れる」だって。そんなんやったら、みんでも 作れるで。結局和風にした。まあおいしかったけど。


前の日/次の日/ もくじに戻る


Copyright (C) Tadao Hashimoto