12年連用「US土着日誌」 6月11日


前の日/次の日/ もくじに戻る


2017年6月11日(日)

朝8:00に起きて、ブルーベリー狩り。 雑草が多くてちょっといまいち。帰ってきて買い物、昼食。 昼からはお勉強。夕方からオンラインビデオ授業。

2016年6月11日(土)

今朝はちょっとゆっくり。真弥が宿にあった ワッフルミックスを使ってワッフルを 作ってくれるが、これが超まず。置いてあった シロップもメープルシロップじゃないので 超まず。それ以外は昨日の残りを食べる。 9:00過ぎに出発して、木を見て、昼食を食べて 博物館へ行ってから帰る。Venturaで夕食。帰宅は 21:30頃。家に帰ると蟻が発生していた。 蟻退治に一時間くらい費やす。ぐったり。

2015年6月11日(木)

今日はプロジェクトのレビュー。前向きな 議論に感謝。ぐったり疲れた。

2014年6月11日(水)

今日は霧雨。でも水不足解消には貢献しないだろうな。
私は武田教授と共感する点が多いが、 かれのブログに憲法9条のことが書いてあった。 最近、私は憲法9条があるがために、 日本人は考えることをやめてしまったのでは ないかと思うようになっている。日本の平和維持を アメリカに丸投げすれば、ややこしいことは考えなくてもいい。 アメリカさんが言うとおりにやれば、考えなくてもことは済む。 こういう状況を生むのに憲法9条は非常に都合のいい言い訳に なっていると思う。だいたい「国の交戦権を認めない」って、 相手がかかってきたら認めるも認めないもないと思うのだが、 どいういう意味なんだろうか?誰かのブログで海部首相が アメリカから湾岸戦争に派兵要求されたときの回答が書いてあったが、 「憲法があるから戦いません」とかいう理由はおかしい。 その時、国民が戦うべきだと思うのか、戦わないべきだと思うのか、 そこが大切な点だと思う。そこで「戦わない」という結論が出るのなら、 それでいい。問題は、議論をして結論をだすプロセスが確立しているかで、 憲法9条のせいで、そこをやらなくてもいいようになっている。 ちなみに、本当に卑怯な国家が、日本に攻めてきて、日本人を さんざん殺戮して、自分の子供も殺されて、という状況になっても 日本の人たちは「憲法9条があるから私は戦 いません。」と言い 切れるのだろうか?私は憲法違反をしてでも戦うと思う。 自分の命をなにに燃やすかは生きている時代背景とその人の人生で変わるもの。 テロリストになる人生も否定はできないと思う。

2013年6月11日(火)

久々のOffline。世の中から隔絶。

2012年6月11日(月)

曇りのち晴れ。
今日は恵奈真弥をつれて剣道の稽古へ行く。 真弥にビデオを撮ってもらって、フォームとかをチェックするためだ。 世の中便利になったものだ。

2011年6月11日(土)

曇りのち晴れ。
今日は二度寝で起きたら9:00だった。でも久美も子供も まだ寝ていた。なってない。昼に家族総出でPaseo Nuevoへ 行き、そこで真弥を落として、買い物をして帰宅。真弥は 友達と映画を見て、ショッピング。夕方はEast Asianの TAの方々の卒業お祝いパーティー。また食べ過ぎてしまう。

2010年6月11日(金)

晴れ。
昨日早く寝たので変な夢を見る。今日はチョロキーで出勤。 帰りはCostcoに寄って買い物。夜はお好み焼き。

2009年6月11日(木)

晴れ。
今日で恵奈も学校が終わり。夏休み。既に6月半ば。恐ろしい。
豪ドルが一時80円台に回復。がんばれ〜。日経平均も10000円台に乗せた。 このままオーストラリアと日本の景気が回復することを願う。

2008年6月11日(水)

午前中曇り。午後晴れ。
子供はちゃくちゃくと休みモード。こちとらやたらと忙しい。 ニュースを見ている暇もない。

2007年6月11日(月)

天候:SBA ATIS D 1415z sp, wind calm, vi 2 mist, 700br 1000ov, temp 14, dew p 13, alt 29.87

朝から霧雨。午後には晴れる。
子供を連れて行ったあと、仕事。Buelltonで 工事関係者と打ち合わせ。大家、contractor、電気屋、ダクト屋、 水道屋を交えた大々的な打ち合わせで、非常に心強いものを 感じた。久々のヒット。 午後は家で仕事をしたり家探しをしたり。流浪の民になりそう。

2006年6月11日(日)

天候:SBA ATIS チェックせず

今日も午前中低い雲。夕方晴れる。
朝寝坊。午前中は真弥の勉強と掃除。昼前に、金魚の一匹が 石をくわえて沈んでいるのを発見する。どうやら大きな石を吸い込んで、 吐き出せなくなっているようだった。仕方がないので、水槽の水を 減らして、金魚を保護し、石を口から取り出す。その後、水槽に戻すと 元気に泳いでくれた。水を替えて一件落着。昼までにfarmer's market に行きたかったので、買い物に出る。気づくと13:00。あわてて帰って 昼食。真弥の工作と夕食の準備。おやつのあと、畑へ。 明さんがトマトの苗を置いてくれたので、場所を確保して植える。 それと昨日抜いた菊菜の所に土を入れ直して大根を植える。 帰ろうとすると、網にネズミが引っかかっているのを恵奈が見つける。 結局、とることにして、手でネズミを触り、首にからまりついた網を 取るが、窒息してしまったようで死んでしまう。放って置いてもどうせ 死んでしまうのだが、なんか自分が殺してしまったようで、後味が 悪かった。夕食はカレー。

2005年6月11日(土)

天候:SBA ATIS チェックせず。
服装:T-shirt, shorts

朝から晴れ。
寝不足で疲労していたが、朝から恵奈のバレエ。昼食後は 真弥のバレエの発表会。真弥はよくやっている。 親バカながら、髪の毛をアップにした娘が可愛くて仕方がない。
その後買い物。夜は家事がたくさんあったが、その合間に昨日から読み始めた 太宰治の「人間失格」を途中まで読む。この歳になって再び読むと かなり感じるところがあって、やっぱり太宰はすごいとつくづく思う。 そもそも今になって改めて「人間失格」なんて読もうと思ったのは、 私が或る友人に太宰治はやっぱりいい(数ヶ月前、 インターネット上で太宰の全集を見つけ、数編読みあさり 改めて良さを再確認したためなのだが)と言って勧め、 「人間失格」を読んで他人事に思えないというような返事をもらったためだ。 その友人は最近私のことを「生への執着心」のある人だと言い、 その当人はそれがない人だといった。 私のことは自分でも本当にその通りだと思う。 この「生への執着心」は、今が幸せだから感じるものなのだろうか? 人間失格の主人公は心からの幸福感というものを感じたことが ないのだが、この感覚も、「生への執着心」も生まれた時からの 性格、感受性そしてその後の経験で形成されて行くものだ。 これらは、ある程度は自分の思い通りになるものなのかも しれないが、たいていは自分の力ではどうにもならない強大な力で 押しつけられてしまう類の物のように思える。そう考えると、「生への執着心」 を持たないその友人の痛みも、到底わかりっこないのだが、 少しは話しを聞いて、和らげることができれば、 などと自惚れたことを思ってしまう。そして自分にできることはほとんど 皆無なのだが、せめて「人間失格」を読んで、涙を流し、それで、 わかったように気になって居たいと思ったのだ。とにかく、 能力のある人がこういう形で能力を発揮できなくなるのは 悲しいことだ。友人が自分の高い能力を最大限に発揮できる 環境にはまっていくことを切に願うばかりだ。

2004年6月11日(金)

天候:SBA ATIS V 1353z, wind calm, vi 8, skc, temp 12, dew p. 10, alt 29.94
服装:polo-shirt, shorts

今日は朝からいい天気。
今日から真弥の学校が夏休み。なんて楽しい小学校生活だろうか。 学校が始まるのは8月31日。その時にはもう真弥は2年生。早いものだ。
ということで、送り迎えする方は恵奈だけを連れて行けばいい。恵奈の リクエストで今日は私も一緒に行ってあげることにする。恵奈は 元気にpink doorに行った。以前はhappy girlと呼ばれていたが最近は いちびるのでsilly girlと呼ばれているようだ。
大学へ行き、朝から飛び込みでSEM。いい写真が撮れた。その後Jimと ミーティング。昼から雑用とMRSの予稿書き。夕方は真弥のBalletの 最終リハーサル。

本日の営業時間: 8:30-11:30, 12:00-16:00 (7h)

2003年6月11日(水)

天候:SBA ATIS K 1453z, wind calm, vi 10, ceiling 3700ov, temp 16, dew p 14, alt 29.96
服装: T-shirt, shorts

今日も曇り。
中国語の授業がないといまいち張り合いがない。今日は一日、装置使用手順書を つくる。一日中パソコンに向かうのはやはり性に合わない。 目が疲れて何もできないので早く帰ることにする。

本日の営業時間: 8:00-12:15, 13:00-17:00 (8h15m)

2002年6月11日(火)

SBA ATIS I 1653z, wind 140 7, vi 9, 1500sc 2600ov, temp 17, dew p 14, alt 29.91

今日は一日中曇り。昨日出したJeepを取りに行くと、oil pressure gauge の針が振り切れていた。oil filter交換時に壊された様だ。でもさすがは 正規dealer、ちゃんとただで直してくれた。でもrollerbladeでdealerから 大学まで一往復余分にしたので疲れた。
昼間は物品発注に明け暮れ、夜にようやく論文を仕上げた。明日Paulに 見てもらい、その後教授に見てもらおう。


前の日/次の日/ もくじに戻る


Copyright (C) Tadao Hashimoto