12年連用「US土着日誌」 5月13日


前の日/次の日/ もくじに戻る


2017年5月13日(土)

7:00頃にFedExの品物が来ない、と思い、 目が覚めてしまう。午前中は畑と雑草取り。 チッチはピアノで久美が連れて行く。昼から剣道。 夜は次の講義。これは役に立つ。夜は風が強くなる。

2016年5月13日(金)

今日はほぼ終日面接。相変わらず口ばっかりの やつが多くて困る。夜ラッコーが来る。

2015年5月13日(水)

今日から真弥はDP EngineeringのMaker Faire。 まいちゃんがいないとちょっと寂しい。 相変わらず首が痛い。治るのだろうか?

2014年5月13日(火)

晴れ。暑い。真弥の数学の勉強に 振り回される。積分難しすぎ。

2013年5月13日(月)

晴れ。
月曜日。アベノミクスやらで国債市場が動揺しているようだ。 国債価格が下落して金利が上がっている。しかしよく考えると 今まで金融機関がまともな融資先を探さずに、安易に 国債だけ買っていたのが問題なのだ。そもそも投資は 安いものを買って値が上がったら売る、というのが基本だ。 今まで、超低金利時代が続いていたということは、 日本国債は超高値だったはずだ。高値のものを掴んで 利益が出るほどビジネスは甘くはないと思う。今後 小さな銀行は血を見るかもしれないが、それも 自業自得というところか。金がちゃんと中小企業に 回ることを祈るばかりだ。

2012年5月13日(日)

曇り後晴れ。
朝から一階の掃除を済ませて、久美と二人でCostcoのショッピングセンターへ行く。 StaplesでWiFi Extenderやらなんやら買って、Farmers' marketとCostocに 寄った後、日本語クラスのRed Houseに行く。早速Extenderを 設置しようとするが、パッケージにいきなり空けた跡があって、 しかも人のSSIDが既に入っていた。設定にすったもんだしたが、 苦労したので、結局返却することにした。店に中古品を買いに 行ったわけではないのに、中古品を掴まされて、挙げ句、 交換の為にまた時間とガソリンを使わないといけない。 かなりむかついた。 家に帰ってトマトスパを作って食べた後、もう一度 Staplesまで行って、Extenderを交換して、Red Houseで久美のパソコン を使って設定を始める。しかし久美のパソコンの調子が悪く、Web上での設定画面が出ない。 結局また家にパソコンを取りに帰って、ようやく設定が完了する。 時間が3倍かかった。 今日は、その他に家計簿もつけて、母の日のロールケーキも恵奈と二人で焼いた。 夕食はステーキ。夕方に柿の木の枝を払って、ついでに柿茶を 作ることにする。久美が葉っぱを切って、洗って、二人で陰干しにする。 これで今年一年、放射能のことを気にせずにお茶が飲める。

2011年5月13日(金)

Nissanの業績が非常によかったようだ。アメリカでもこのところ Nissanがよく売れている印象を持つ。カルロスゴーン、まゆげボーン、 さすがだ。

2010年5月13日(木)

曇り後晴れ。風も今日は止んだ感じ。
それにしても今週はあっという間に木曜日と言う感じ。 恐ろしいスピードで時間が過ぎていく。
今年は前庭のバラがすごい咲き方をしていて、切っては 家の中に飾っている。昨日、暖炉の上に切った満開のバラを 見て思わず、「君に薔薇薔薇、はぁ〜あとはあっかいばら♪」 と歌い出してしまった。で、You TUBEで真弥と二人で見て 「とろくさー」を連発して笑ってしまった。よくもあんなとろくさい 人がアイドルになって、あんなとろくさい歌を歌ったものだ。 でも昨日からずっと「君に薔薇薔薇、はぁ〜あとはあっかいばら♪」 が頭から離れない。今日もひたすら口ずさんでしまった。とろくさ〜。

2009年5月13日(水)

晴れ。
真弥が学校で習ってきたヘロンの公式を証明してみる。 鋭角三角形の場合はなんとかできたが、夜遅くなってしまったので 鈍角三角形の場合はまた今度にする。真弥に教えようとしたけど、 ちょっとまだ無理かな。

2008年5月13日(火)

今日は久々に晴れ。気温も結構上がった。
今日のニュース。BBC、英国MOD(Ministry of Defence)がUFO関連の機密情報を 公開したらしい。う〜ん、やっぱり宇宙人はいるんだ〜。
Reuter JP、松下が白物家電を全世界に展開するとのこと。 すばらしい、やっとその気になったか、といった気持ち。これで、アメリカの ボロい白物家電は淘汰されるに違いない。がんばれ〜ナショナル!

2007年5月13日(日)

天候:SBA ATIS チェックせず

今日も晴れ。
今日はかなり朝寝坊。朝、久美にパンがおだんごパンになっていると 言われて起こされる。昨日イーストを入れ忘れたようだ。 仕方がないので、朝食はおもち。午前中、掃除。真弥の勉強がかなり 遅れて、おそい昼食を取る。午後もしばらく家で掃除をして、久美が 帰ってきてから一人で買い物に行く。真弥恵奈は久美と一緒にプール。 旅の支度で3ozの液体容器を探し歩くがかなり苦労する。夕方帰宅し、 少しだけ畑に行ってから夕食。

2006年5月13日(土)

天候:SBA ATIS チェックせず

今日も曇り。夕方少しだけ日が差す。
今日は真弥恵奈のバレエのpicture day。午前中はこれで潰れる。 昼食はトマトスパ。昼から買い物。夕方にSofiaが来ることになっていた ので、迎えに行く。17:00頃に遅いおやつでスコーンを食べて、一人で 畑へ。スコーンが思いっきり胸焼けを起こして、おえ〜っとしながら 畑仕事をする。ネギにアブラムシが湧いていたので、ネギを伐採する。 夕食はSofiaと一緒に手巻き寿司。でも偏食家のSofiaは枝豆とちびキャロットと ご飯しか食べない。HalがSofiaを迎えに来たのは21:00過ぎ。 おもいっきりペースを乱される。それでも真弥の親友だから仕方ないかな。

2005年5月13日(金)

天候:SBA ATIS Z1453z, wind calm, vi 10, skc, temp 16, dew p 12, alt 29.94
服装:T-shirt, shorts

今日もいい天気。暑い。
朝からアカデミックモード続行。韓国語を出て、その後 ひたすら理論計算。やっと納得のいく計算結果が出た。 このレベルの計算を4日程度でできるようになったのは、 やはりここで勉強をしたおかげだと思う。感謝。

2004年5月13日(木)

天候:SBA ATIS D 1453z, wind 120 10, vi 8, skc, temp 17, dew p 12, alt 29.98
服装:T-shirt, shorts

今日も晴れ♪
朝から、装置も絶好調。昼はセミナー。夕方は早めに上がって、 真弥の学校の年度末ミーティング。ミーティングといいながら potluckパーティなんだけど。。。
週末LAに行く予定にしたので、夜中がんばって中国語のレポートを 書き終える。今回のテーマはトヨタ自動車の経営理念、思想を 調べて報告する。かなり楽しかったが、やはり翻訳はnon-native言語 からnative言語へする方が遙かに楽。逆は自分の書いた文章が正しいか どうかもわからない。

本日の営業時間: 8:30-17:00 (8h30m)

2003年5月13日(火)

天候:SBA ATIS C 1453z, wind calm, vi 1 1/2 mist, ceiling 300 ov, temp 11, dew p 11, alt 29.98
服装: T-shirt, shorts

朝から濃い霧。午後には晴れるが夕方再び曇り。寒い。
今朝は装置の調子も良く、順調。中国語のクラスのあと装置を止め、冷却。 午後は配管等をしつつだらだらと過ごす。夕方、今晩のランを仕込む。 やることがあまりなく、だらだらとした一日。

本日の営業時間: 8:15-12:00, 13:00-19:30 (9h45m)


2002年5月13日(月)

天候: SBA ATIS C 1653z, wind 140 6, vi 10, 15000sc 20000br, temp 21, dew p 12, alt 30.01

今日は、寝坊をしてしまった。6:40の目覚ましを消したのは 覚えてなく、7:00の目覚ましを消して、7:30に合わせ直して 再び寝たところまでは覚えているのだが、そのあと奇怪な夢を見て、 目覚めたのは8:36だった。
その夢は、こんなのだった。私はなぜか妻と日本の実家の裏にある小学校 の校庭で遊んでいる。おそらく娘たちと遊んでいたのだろうけど、娘たちの 姿はない。すると、私は大阪空港の方に、大きなキノコ雲が上がったのを見た。 妻に「あれは飛行機の爆発があったに違いない」と言った。なぜかわからないが 爆発したのは、昨日Santa Barbara Airportで見た消防tankerであることがわかった。 そして、私はなぜか、それがテロによる攻撃であると確信していた。すると、私は 遠くから、一人の男に声をかけられた。彼の方へ行くと、彼は小学校を 出たところにある彼の車の所に私を招き、こう言った。「いま、戦争状態に ある。君の力が借りたい。」 私は尋ねた、「それは私がパイロットだからですか?」 「そうだ。でも君には飛行機には乗ってもらわない。気象レーダーの オペレータとして手伝ってもらう。」このとき、ふと私はこの男の顔の裏に スパイの面影を見たのだった。私は、「わかった、じゃあ準備をしてくるから ここで待っていてくれ」と言い、妻のいる所に戻った。そして、妻に、「スパイに ねらわれているから、すぐに学校の塀を越えて実家に戻ろう。」と言い、 塀を越えて家に入った。そして家から軍に電話をかけて、私を必要としているのが 本当かどうか確認しようとした。でもいくらイエローページを探しても、 インターネットで探しても、電話番号が見つからない。そこで、私は104に電話 をかけた。オペレーターは、「あなたは○○何丁目の橋本さんですね。もうすぐ 停電になるから電話をしている場合ではないですよ。」と言った。その瞬間、 一瞬停電になり、電話が切れた。電気はすぐ回復したが、ドアの外にはすでに先ほどの 男が来ている。私は妻に「逃げよう」と言ったが、妻は逃げなかった。 男は、ピストルでドアの鍵を撃ち、中に入ってきた。私は縁先に置いてある 木刀を持ち立ち向かうことにした。彼の小手を打ち、ピストルを払い落とすことは できたが、その後、彼はいくら打とうが突こうがびくともしなかった。 そして、「おまえとは鍛え方が違うのだ、ほら打って見ろ、全然いたくないぞ。」 と言って、迫ってきた。ああ〜、もうダメだ〜。
目が覚めた。
さあ、仕事仕事。


前の日/次の日/ もくじに戻る


Copyright (C) Tadao Hashimoto