12年連用「US土着日誌」 4月11日


前の日/次の日/ もくじに戻る


2017年4月11日(火)

IADに早朝到着。その後Roanokeまで飛ぶが、 このフライトのシートにガムが付いていて、 ズボンにべっとりとガムが付く。最悪。 トイレでガムを取るが完全には取りきれず。 ある程度取ってあきらめる。レンタカーを 借りてVirgina Techへ。ほとんどラボツアーで 終わってしまう。その後、空港へ戻ってAtlantaへ飛ぶ。

2016年4月11日(月)

昼前のフライトでLAX-ORDと乗り継いでセントルイスまで 行く。LAXまでの便で体調がちょっと悪くなるが 持ち直す。ORDまではShujiと同じフライトだった。 セントルイスからはHRL Labの人のタクシーに 便乗させてもらう。ラッキー。

2015年4月11日(土)

朝から真弥恵奈のBach Festival。その後すぐ 真弥恵奈をバレエに落として、クロゼンの散歩。 そしてクロゼンを連れてリサイクル。家に帰って 昼食の用意。昼からは剣道。クラス一日目。 10人来たので上出来。その後クラブの稽古。 クラブも初心者の指導。家に帰って、芝を刈って、 夕食。その後庭の手入れ。夜は仕事。

2014年4月11日(金)

曇り後晴れ。涼しい。疲れ目が背中まできた。 やばい。週末しっかり休養しよう。

2013年4月11日(木)

晴れ。
数週間前Costcoで買ったコンポストの入れ物を完成する。 これで生ゴミの処理が楽になる。

2012年4月11日(水)

雨。午後にはあがる。
UCSBに剣道部ができたと聞いて、今日早速 覗いてみた平日は発起人の藤原さんという方が 一人で初心者を指導しているようで、すごい状態だった。 土曜日はサンタバーバラ道場の人たちがUCSBで 稽古をしているようだ。土曜日は参加できるのだが、 平日が苦しい。でもなるべく指導を手伝ってあげたい 気もする。まあ、どっちにしても腕と足が治らない 限りは無理なのだが。。。

2011年4月11日(月)

晴れ。
福島第一原発の事故レベルがチェルノブイリと同レベルの 7になったそうな。これは厳しい。それでもみんな 頑張って生きて行かなくてはいけない。辛いときもがんばろう。

2010年4月11日(日)

今日は午前中曇りで夕方から雨。夜は結構強く降る。
朝寝坊。午前中は真弥恵奈の勉強と掃除。午後も掃除。 それから久美と二人で買い物。Costco方面。 先日買ったねずみ取りは全然だめなので、違う種類のものを買う。 早く捕まえないと繁殖されたら大変だ。 夕方から雨が降る。夕食は豚カツ。夜は散髪。

2009年4月11日(土)

朝から晴れ。
今週は疲れたので朝寝坊。7:30に起きて、朝食後二度寝。 9:00に真弥のマッサージサービスで起きる。久美真弥恵奈は 小学校のEgg huntへ行く。午前中はちらかりまくった一階の 掃除。昼食はとろろそば。昼から久美真弥が買い物。私は恵奈と お留守番。その間に夕食の炊き込みご飯を恵奈と一緒に 作り、その後二階の掃除。久美真弥が帰ってきてすぐ 今度は食料品の買い物。ハーゲンダッツのチョコレートクランチ アイスやヨーグルトレーズンチョコを買ってしまう。 夕方、久美が当てて、へこんだチョロちゃんのバンパーを修理。 バンパーを取り外して、へこみを直そうとするが堅い。 すったもんだするがなんとかバンパーのうにゃりを減らして 取り付ける。それにしてもチョロちゃんのバンパーは堅い。 車体もがっしりしている。通りで重いわけだ。でも頑丈な方がいい。 夕食後、仕事。よく働くもんだ。

2008年4月11日(金)

朝から晴れ。暑い。
朝方いやな夢を見た。実家にいると、弟がぼろぼろになった姿で 帰ってくる夢。心配になったので、夜実家に電話する。 何事もなかったようで、一安心。

このところのニュースでアメリカの景気後退の記事はあまり珍しく なくなった。北京五輪とチベットの話題もちょっと見慣れてしまった。 ちなみに昨日書いたReuter JPの投票は「ボイコットするべき」が50%で 一番。開会式のボイコットが28%で二番、スポーツの祭典に 政治問題を持ち込むべきではないが22%。総統票数が555票。 う〜ん、いいねぇ〜。ところで、 このところ気になるのは、アメリカの航空会社が倒産したり、American Airが 機材の点検の為に連日数千のフライトをキャンセルしたりするニュース。 これも原油高が続いているので、かなりよく見るニュースなのだが、 AAのフライトキャンセルはひどい。本当に機材の点検なんだろうか? 他に理由があるような気もするが。
G7がごちゃごちゃ言っているようだが、ぐっちー大先生がおっしゃるとおり、 今回の損失規模と同じ桁の預金高を持つG7国家は日本だけなので、 中国、ロシアを入れた話しにしないと話が解決しないだろうと思う。

2007年4月11日(水)

天候:SBA ATIS H1353z, wind calm, vi 9, skc, temp 08, dew p 06, alt 29.93

朝から晴れ。
やることが多すぎて消化不良。 朝からBuellton。昨日運び込んだデスクをきれいに掃除する。 なかなかいい感じ。昼前に久美とFSHのAmyに会って6月末まで ここに居られるようお願いしようと言っていたので、早々にBuelltonを 引き上げて帰宅。petitionを持ってオフィスへ。かなり待たされるが 幸い彼女を捕まえることができた。話をすると、6/5までの契約が 6/30までにのびた。一件落着。これで引っ越しが楽にできる。 午後はCitibankへ。銀行口座にファンディングが 入ったので、かなりちやほやされる。現金な奴らだ。夕食を作り、 夜も雑務に追われる。きりがない。

2006年4月11日(火)

天候:SBA ATIS N 1553z, wind 120 8, vi 10, ceiling 9500br, temp 14, dew p 12, alt 30.00

今日は曇りで出かけに雨がぱらつく。昼も雨が降ったりする。
車で真弥恵奈を送って、その後、久美に送ってもらう。 朝から資料作りの仕上げ。午前中にボスに送付。 午後は図面引き。なかなか完成しないが、かなり先が見えてきた。
家族の夏の航空券を手配し始めるが、その値段に驚く。 航空業界は経営建て直しのため、路線を減らし、常に満席で飛ぶように しているようだ。おかげで余った席のディスカウントがなくなっている。 家族3人が飛ぶとかなりの出費。

2005年4月11日(月)

天候:SBA ATIS F 1553z, wind 080 4。vi 10, skc, temp 16, dew p 08, alt 30.04
服装:T-shirt, shorts

今日はちょっと涼しいが、快晴。
朝から、Tanyaから電話。I-140がapproveされたとのこと。 野望に一歩近づく。韓国語の後雑用をして、昼からはマシーンショップで 作業。それが終わると、懸案の論文書きに取りかかる。しかし 新しいパソコンの設定がまだ完璧ではないので、いろいろと時間が かかってしまう。

2004年4月11日(日)

天候:SBA ATIS U 1753z, wind 240 8, vi 7, 20000br, temp 18, dew p 12, alt 30.03
服装:T-shirt, shorts

今日は久々のいい天気。
朝寝坊、朝食、掃除、畑、昼食、子どもの昼寝とこなして、 夕方は吉本先生とBBQ。いい天気だったので快適だった。昨日 かったカルビを食べる。久しぶりに会ったのでいろいろと 楽しい話を聞いた。
昼間、ちょこっと装置を見たが、問題なし。 あとは、これで結晶ができていればいいのだが、それと これとは別問題。でも、確実に進歩はしている。

本日の営業時間: 本日休業

2003年4月11日(金)

天候:SBA ATIS P 1454z, wind 250 3, vi 8, few 600 4900br, temp 13, dew p. 10, alt. 30.06
服装: Shorts, T-shirts

今日も空は少し不安定。夜には霧の雲が出た。
やっと金曜日と言った感じ。疲れた。実験は装置の立ち上げ。 でもトラブルで中断。報告書、論文、特許、サンプルの評価、新しい装置 の設計、もう一つの装置のフォロー等々やることが山積していて どれからやっていいか迷う。でも今日は疲れたから早く帰る。 こういうのをprocrastinationといいます。

本日の営業時間: 8:00-11:30, 12:00-17:30 (9h)

2002年4月11日(木)

天候: SBA ATIS I 1853z, wind 150 8, vi 9, 800broken, temp 15, dew p 12, alt 30.04"Hg
SBA ATIS M 2153z, wind 150 8, vi 10, 800 few 2500 few, temp 16, dew p 12, alt 29.99"Hg

今日は朝からCheck rideに向けた最終ground sessionだった。今日で全て 終わる物だと期待していたのだが、いつもの通り、一回では済まないようだ。 半分弱のところまで行って、あとは後日と言うことになった。 Soloで飛ぶ予定にしていたが、仕事をあまりに放っておくのもまずいので、 飛ぶのを止めた。15:00頃からやはり晴れてきた。どうも6月くらいの天気 のようだ。仕事はいまいち進まない。いらいら。


前の日/次の日/ もくじに戻る


Copyright (C) Tadao Hashimoto