12年連用「US土着日誌」 4月9日


前の日/次の日/ もくじに戻る


2017年4月9日(日)

朝、8:00前に起きて、書き始める。昼頃には 問い2くらいまで終わり、夕方には全部とりあえず 終わる。でも先生に質問したために書くことが増えてしまい、 結局夜までかかって一回目のドラフトをやり終える。 読み返して校正しないとあかんわ。

2016年4月9日(土)

朝はやっぱりクロゼンに起こされる。午前中は 仕事。昼から剣道。夕方は恵奈が誕生日パーティーで 留守なので、久美と二人でSushi Teriで寿司を食べる。 夜はMatrixの最後。やっぱりこの映画は奥が深い。

2015年4月9日(木)

今週は忙しい。しかし少しずついい感じに なってきた。このところちょっと肌寒い。

2014年4月9日(水)

なんちゃら細胞の女性の研究員、疑惑を晴らすのは簡単。 再現実験を公開でやって、結果を再現すればいい。 できないのなら、その結果は幻だったと言われても 仕方ない。口だけでなく、物を見せなくては いけない段階にあると考えるべきだろう。

2013年4月9日(火)

晴れ。
北朝鮮が韓国にいる外国人は退去せよと言っているそうな。 このバカ国家の政権を早く転覆してくれ〜。って既に 金なんとかは軍部の言いなりで、権力を掌握仕切れていないの かもしれない。いざ、朝鮮半島で戦争になったら、日本は また金と物資だけ出して、兵は出さないのだろうか? 韓国は同盟国ではないのかな?よくわからないが、 北朝鮮の腐ったトップの独裁政権が悪であることは間違いない のだから、その悪と闘う韓国人を派兵でバックアップして やる、ということをやっても人の道に外れるとは思えないが。。。

2012年4月9日(月)

晴れ。
日本で北野剣道部の連中が花見をしたのだが、 とってもうらやましい。このところFacebookでも 連日知り合いが桜便りをくれる。あ〜、花見したい。

2011年4月9日(土)

晴れ。強風。寒かった。
朝起きて、真弥をバレエへ連れて行った後、Smog checkをしに downtownまで行く。でもSmog checkは10:00からしか開かないので、 仕方なしにFarmers' marketへ行く。野菜と果物を$20分買って、 次はLazyへ。肉を主に買って、Smog checkに戻る。そのあと、 ACもガス充填をしてもらう。家に帰って、アボガドロールを作って、 午後はkateの50歳の誕生日パーティー。甲状腺癌の手術を受けて その後の誕生日だった。近くの公園でやったのだが、風がきつくて 寒かった。Croquetをやった。ゲートボールの原型となる由緒正しい 競技だが、公園の芝生は穴ぼこだらけで、なかなかトリッキーだった。 あまりに寒いので早めにおいとまして、あとは買い物をして帰宅。 今日はお金をつかった。

2010年4月9日(金)

今日も晴れ。山の向こうは曇りで寒かった。
昨日のコンタクト洗浄のおかげで今日はかなり体調がよかった。 夜は久美のadvancementを祝って外食。 再びChina Pavillion。この前と全く同じメニュー。でも 美味しかった。

2009年4月9日(木)

今日は晴れ。
忙しい。朝から恵奈を連れて大学で仕事。少し買い物をした 後出勤。夜も仕事。相変わらずこれというニュースがない。

2008年4月9日(水)

朝から風がびゅーびゅー。晴れ。
疲れが溜まっている。行き帰りの運転が疲れ目に響く。 今日のニュースは原油先物価格が最高値。まだまだ 原油高は続きそう。あと、住宅対策でBush大統領もやっぱり 金利ががくっと上がるローンの金利を据え置きにするような ことを言っている。いい加減にしてほしい。そんなんやったら きりぎりす遊び得やんけ。むかつく。あと、中国の聖火リレー、 各国でブーイング。やったれやったれ。中国人はさんざん 日本人のスポーツ選手にブーイングをやってきたが、 それがどれだけいやなものなのか思い知るがよい。 中国国民は自分の政府が何をやっているのかちゃんと 直視して、自分たちが日本嫌いに仕向けられている事実を 認識するべきでしょう。
あと、東芝がアメリカの原子力発電所受注が確定したとのこと。 これはめでたい。すばらしい。唯一の懸念は発注元が倒産すること くらいだろうか?今のアメリカ経済の状況ならありうるからな〜。

2007年4月9日(月)

天候:SBA ATIS V 1554z, wind var 4, vi 5 mist, few 500, temp 14, dew p 12, alt 30.00

朝から晴れ。
今日は打ち合わせでLAまで行く。LAのエージェントにはちょび髭を はやしたやくざっぽい人がたまにいるのだが、今日会った人は、非常に いい感じの人だったので安心した。行きに2時間。帰り2時間半。 帰りの渋滞でかなり疲れた。

2006年4月9日(日)

天候:SBA ATIS チェックせず。

今日も山側に雨雲が出るがとりあえず晴れ。昼は高くて薄い雲のおかげで 日差しが弱かった。
今日も朝寝坊。10:00頃から掃除。昼食はトマトスパ。いつ食べても美味しい。 私のトマトスパより美味しいスパゲティーを食べさせる店があるものかと 思うくらい美味しい。午後はひたすら畑仕事。まずブロッコリーを抜いて、 そこの土を外に出して、肥えたコンポスト・馬糞ミックスを入れる。そして トマトの苗とバジルの種を植える。次に、網で囲った領地の周りにネギを 植えて、におい消しのカーテンを作る。あと、白菜も植える。夕食は豚カツ。

2005年4月9日(土)

天候:SBA ATIS U 1453z, wind 300 7。vi 10, skc, temp 12, dew p 6, alt 29.98
服装:T-shirt, shorts

朝、早起きして、LAへ行く。午前中にマルカイで買い物を済ませ、 Meiji豆腐へ寄って、新撰組でラーメンを食べる。昼からKorean Town で買い物。そして帰宅。途中、眠たくなったので、Oxnardで止まって真弥の 靴を買う。Santa Barbaraに戻ってきて残りの食料品を買って、週末の 買い物を済ませる。夜は手巻き寿司。おいしかった。

2004年4月9日(金)

天候:SBA ATIS C 1453z, wind calm, vi 5 mist, 1500ov, temp 15, dew p 12, alt 30.00
服装:T-shirt+long sleeve shirt, shorts

今日も曇りで涼しい。
朝からエピ。まだいい条件が出ない。昼からUCSBの学生で剣道を やりたいと言う人が集まって、RecCenで剣道をすることになる。 ところが、初めてすぐfull contactのmartial artをやってはいけない と言われて、やめる羽目に。しかし、言い出しっぺの若者たちは かなりやる気で、クラブを創立することを検討する。クラブができれば 大学で合間を見てできるから、ありがたい。自分でクラブを 作るほど時間に余裕はないが。。。

本日の営業時間: 8:30-12:00, 13:00-15:00, 17:00-18:00 (6h30m)

2003年4月9日(水)

天候:SBA ATIS D 1453z, wind calm, vi 10, skc, temp 12, dew p. 08, alt. 29.96
服装: Shorts, T-shirts

今日もいい天気で風も穏やかだった。Santa Barbaraはこうでなくっちゃ。
装置の運転に入る。まずまずのでき。でもトラブルが発生するかどうか は明日にならないとわからない。もう一つの実験は電気工事のためなし。 でもサンプルの評価をする。夜5時間弱かけてサンプルを測る。 結果はいまいち。う〜ん、むなしい。でも評価して現実を知るのは 何も知らないよりはるかにいい。昼飯はセミナー中に食べたので、 今日は最長営業時間更新かな?
ちなみに去年ふれた「たまな」さんは数ヶ月前HISを辞めて帰国したようだ。 おそらく寿退職だろう。頼れるチケッターが居なくなって残念。

本日の営業時間: 8:15-23:00 (14h45m)

2002年4月9日(火)

天候: SBA ATIS O 1453z, wind 030 3knots, visibility 1 1/2mi mist, ceiling 500ov top 700ft, temperature 9C, dew point 9C, altemeter 30.15"Hg

毎朝7時からの日本語放送で日本のニュースを見ているのだが、ほんと 狂ったような事件ばっかりで、朝から気が滅入る。
今日は昼から、LAまで航空券を取りに行った。UCSBへ来て以来ずっと お世話になっているHIS West LAのたまなさんに会った。 彼女のチケッティングテクは、今までで最もハイレベルで仕事が速い。 非常に信頼できるエージェントだ。通常、UAに乗る場合はE-ticket、 NHの時はFedExで送ってもらうのだが、 今回はなんとなくLAに行ってみたかったのだ。
LAでチケットを受け取ったあと、Korean Townのマーケットへ行き、買い物をした。 キムチの材料と魚を主に買い出しに行ったのだが、魚の種類が豊富だったので、 ついつい買いすぎてしまった。今回はクーラーボックスを持って行っていたので 魚が腐る心配もなく、ばっちりだ。でも、LAは道は混んでいるし、 ごみごみしているしで、帰ってきたら相当疲れていた。 また当分LAに行く気にはならないだろう。


前の日/次の日/ もくじに戻る


Copyright (C) Tadao Hashimoto