12年連用「US土着日誌」 4月6日


前の日/次の日/ もくじに戻る


2017年4月6日(木)

ビジネスプラン作り。夜は剣道。 Howard受かる可能性ちょっと上がった気がする。 でもどうかな?

2016年4月6日(水)

今日は色々と前に進んだ感じ。

2015年4月6日(月)

疲れが溜まっているが、夜は剣道。

2014年4月6日(日)

晴れ。朝からLAまで審判講習会。 一本がなかなか入らない。特に3段相手が だめ。ぽっこり面を入れられたりして、 情けない思いをする。晩ご飯は寿司。

2013年4月6日(土)

晴れ。今日も終日強風。
ほこりが目に入って痛い思いをする。 真弥はCMのHonorリサイタルだったが、忙しくて 聞けず。最近、子供のピアノリサイタルを聴いていない。

2012年4月6日(金)

晴れ。午前中は風がきつかったが、午後には止んだ感じ。
去年の今頃はまだ金魚が生きていたのか。とっても意外。 世の中が停滞ムードのまま金曜を迎えてしまった。 来週は動きがありますように。

2011年4月6日(水)

晴れ。
朝、きんさんに餌をやった恵奈が、ポンプが おかしいと言ってきた。どうもうまく水を 吸っていないようで、下の網も破れているので、 この際、一度水の循環系をやり直すことに する。夕方網を買う。あとは作業をするのみ。

2010年4月6日(火)

今日は風も穏やかで晴れ。
今日Edと住宅事情の話になったとき、credit scoreの 話になった。なんでも満点が800点で、その人の クレジットカード上限やら、その人の支払いヒストリーで 点数が決まるそうな。foreclosureしたら何点引かれる とかいうのも決まっているらしい。出た!またや。 こういう数値で人や物の価値を判断するから過小評価や 過大評価が生じてマーケットに歪みが生じるのだ。 債券等の格付け評価で懲りなかったのかと思ってしまう。 まるで、ファストフードフランチャイズのように 全てを数値化、標準化、マニュアル化しなければ、 人の信用度すら測れないほど、今の銀行員は バカになってしまったということだろう。 昔なら、人に住宅ローンを斡旋するとき、その人の 口座を世話してきた銀行員が判断できた。だから 銀行員は数値化された点数が無くても、ああ、この人なら 大丈夫、とか、この人は要注意、とかいう判断ができたのだ。 いまでは、銀行自体が全国化、グローバル化してしまって、 ローカルな銀行員とのつながりというものが失われてしまった。 だから、その人にまるで通知簿や履歴書のように、 クレジットスコアーを付けないといけなくなった。情けない話だ。 で、そういった点数を使ってマニュアル通りに信用調査をして 金を貸すから、貸し倒れ率が上がるのだ。馬鹿者! 金融マンはちゃんと人を見る目を養ってこそ、金の横流しだけで おまんまを食うことが許されるのだ。ファストフードフランチャイズと 同じような仕事をするのなら、その程度の給料にしてもらいたいものだ。

2009年4月6日(月)

晴れ。
今日から真弥は学校。真弥は今日、昼休み前に担任の先生に、 用事を頼まれ、それがもたついたため、教室に戻ると既に昼休みで 鍵がかかっている状態になったらしい。そのため、教室内にある 弁当を取り出すことができなかった。 事務所に行って先生に会いたいと言ったらしいが、 昼休み中は先生のじゃまをしてはいけないそうで、結局、鍵を 開けてもらえず、しかもその事務所の女の人に、「それなら lunchを買いなさい。」と言われたらしい。まったくなってない。 そんなことだからアメリカの教育はだめなのだ。だいたい用事を お願いした先生が、真弥が帰ってくるまで待たないというところで、 如何にこの先生が子供のことに心を配っていないかがわかる。 しかも、この事務所の女性、正職員でないらしいが、事情を知った上 で発した彼女の言葉に食べ物を大切にする心と、食事を作ってくれた 人への感謝の心が皆無であることがうかがえる。無ければ金で買えばいい。 そんなもんじゃないのだよ。心なんだよ、君たちに足りないのは。こころ。 こういうのをカルチャーショックで済ませてしまっていいのだろうか? 人間が生きる上で根本的に大切な物が欠落している状態だ。
夜は心を込めてキムチを漬ける。
最近、Santa Barbara近辺でも住宅価格の低下と賃貸価格の 低下を実感するようになってきた。Encina系列のアパートは 全て入居したら特典付きという状態なので、よほど空きが目立つ ようになってきたと推測される。Santa Barbaraから人が流出している 状況を反映していると判断するのが正しかろう。もう一息、我慢。

2008年4月6日(日)

朝は曇り。午後晴れ。
今日は早く起きたが、二度寝で9:40まで寝てしまう。体がだるい。 午前中に掃除、真弥恵奈の勉強。一階の部屋がやたらと散らかっていたので、掃除に 時間がかかる。むかむか。昼食の後、二階の掃除。庭いじりをしたり、キッチンコンロの アルミ箔を替えたり。で、そのまま夕食の餃子作りに突入。昼食後にピアノを弾いた以外には 休む暇なし。子供が寝てからは、洗い物、豚肉のスライス、洗濯。げんなり。
今日のニュース、Reuters JP、機関投資家がユーロ買いに走っているらしい。 ドルは先行きが不安なので、ユーロだって。既に高すぎると思うのだが、他にチョイスが ないからユーロっていう買い方をして、本当に大丈夫なの?そのうちユーロが暴落しても しらないよ〜。ところで、豪ドルが安いのも納得がいかないと思っていたら、 2月の貿易赤字が過去最大だそうで、これは痛い。でも記事をよく読むと、輸出の悪化は 悪天候と供給面の制約で石炭と鉄鉱石の輸出が悪影響を受けたせいで、輸入は国内向け 投資が堅調に推移したため、過去最高に近い水準を維持したためだそうだ。国内向け 投資が高い水準を維持したということは、豪ドルをみんなが買ったはずなのに、なんで 安いのだろうか?もう少しがまんして様子を見るべきだな、これは。
Citibankの決算発表を控え、戦々恐々。倒産しないでくださいよ、Citiさん。

2007年4月6日(金)

天候:SBA ATIS N 1453z, wind 150 4, vi 4 mist, 700ov, temp 13, dew p 11, alt 29.93

朝は曇り。午後晴れの模様。
今日はBay Areaまで出張。朝、真弥と恵奈をArinnの家に預けて、 その後レンタカーを借りに行く。今回はAVIS。自分の車をそこに 置いておこうとするが、だめだと言われる。しかも、空港のパーキングに 置けと言われる。それは意味が無いというと、じゃあ近所のビジネスパーク の駐車場に置けと言われる。仕方がないので、そこに置くことにする。 今後SBAに車を乗りつけてレンタカーを借りるときはAVISはつかわない ことにしよう。車はなんとNevadaナンバーのFord Fusion。まあまあ大きい 車で、高速での安定性もまずまず。簡単に80MPHくらいでて、コーナーでも 気を付けてハンドルを切ると安定してよく曲がる。唯一の難点は デザイン重視のせいか、後ろの窓が小さく、後方の確認がしにくい。 とくにバックするときに苦労した。
Bay Areaには予定通り着き、無事に打ち合わせも終える。 Si Gul Jipで夕食を取り、 Gilroyまで行ってMotel 8に泊まる。むちゃ疲れた。

2006年4月6日(木)

天候:SBA ATIS B 1553z, wind 100 4, vi 10, skc, temp 13, dew p 07, alt 30.14

久々の晴れ。
恵奈を送って、真弥を送って、家に戻ってスケートで出勤。 今日は図面引きとラボでの下準備。昼前にBrianがEdから電話を受け、 ラボへ行くから一緒に来いと言われる。どうやらぼやがあったようだ。 ラボへ行くと、すでに火は消えていたが、消化器の粉が床に 落ちていて、建物はFire Alarmが鳴っていた。けが人もなく、 ポンプのモーターから火が出ただけなので、不幸中の幸い。
このところ、朝起きるときにかなりうだうだした気分になる。 春眠不覚暁、かな?

2005年4月6日(水)

天候:SBA ATIS P 1553z, wind calm。vi 10, ceiling 15000ov, temp 15, dew p 11, alt 30.04
服装:T-shirt, shorts

今日、午前中は曇が残る。午後は晴れ。
朝一に昨日注文したマックを店に取りに来るように電話が あった。韓国語の授業の後、早速取りに行く。オフィスに パソコンを置いて、その後、真弥を迎えに行く。家で昼食を 食べ、久美を迎えに行って、大学に戻る。眠い。パソコンを 立ち上げ始めるが、なかなかうまく行かない。とにかく 古い方でメールがチェック出来るように復旧し、新しい方を いじることにする。韓国語の宿題が多すぎて時間をとられる。

2004年4月6日(火)

天候:SBA ATIS Z 1452z, wind calm, vi 8, skc, temp 11, dew p 9, alt 30.04
服装:T-shirt+long sleeve shirt, shorts

今日も涼しい。朝は晴れていたが、時々曇ったりする。
朝から装置のチェック。問題なし。中国語の授業の後、 滞っていた予備部品の発注をする。昼はセミナー。 その後、ポンプのメインテナンス。よく働いた。

本日の営業時間: 8:30-17:00 (8h30m)

2003年4月6日(日)

天候:SBA ATIS J 2153z, wind 330 19 gust 24, vi 10, skc, temp 22, dew p. 3, alt. 30.01
服装: Shorts, T-shirts

今日はいい天気だがやっぱり風がきつい。たった2年のデータで即断はできないが どうも4月の頭は風がきついらしい。
昨晩のFermi CupはMaterialsの圧勝。昨年は接戦だったが、今年はあっけなく、 気づいたら勝っていた。やはり戦は数だ。人数が多かったのであまり飲まず、 去年のように吐いたりはしなかった。
今日から夏時間。夏だ!昨晩遅かったので、朝起きたのが冬時間の10:00。でも 実際には11:00。この一時間は大きい。朝食、洗濯、昨日のBBQの片づけ等々。 ベランダのネギにネギ坊主ができたので見ていると、横のパセリの 様子がおかしいことに気づく。なんか踏まれたように 全て萎れている。元気そうな部分を除き、全て摘み取る。パセリを使わないと いけなくなったので、昼食は13:00ごろにトマトスパ。 最近この味を食べ過ぎて、自分のスパゲティーが おいしいのかどうかわからなくなってきた感がある。 たまには人に食べさせて確認しないと。。。 そのあと、なぜパセリが萎れたか考える。おそらく黄道がずれて 日照時間が短くなったのだろう。別の方向のベランダにプランターを移す。 その後、庭へ出てRaccoonの糞をチェック。今日は無いようだ。いまだ 夜に電灯をつけっぱなすのが効果的なのかどうか不明。
その後、大学へ行く。ラボでたまっていたサンプルを顕微鏡で観察。 あまり生産的ではなかった。その後オフィスで図面の修正。雑用。 明日からまた一週間がんばろう。
Flight Schoolが壊れたタイミングに「流れ」を感じる。
先日China Townで買ったFaye Wongの歌にはまる。しかしなぜ日本語入力で Fayeの字が出ないのだろうか?オーヤンフィーフィーのフィーなんだが。。。 韮(ニラ)しか出ない。くやしい。とにかく彼女の歌声はいい。お気に入りの曲名を この中国語のページに記す。

本日の営業時間: 15:00-20:00 (5h)

2002年4月6日(土)

天候:
SBA ATIS K 1853z, wind 250 10knots gust 16knots, visibility 10mi, scattered 6000ft, scattered 16000ft, temperature 21C, dew point 8C, altemeter 29.90"Hg
SBA ATIS O 2253z, wind 270 21knots gust 7knots, visibility 12mi, few clouds 9000ft, temperature 21C, dew point 10C, altemeter 29.98"Hg

今日は、朝10:30まで寝てしまった。寝坊をするときはいつもそうだが、 えいやと起きるまでに何回も目覚めて、うだうだしてはまた寝て、ということを 繰り返す。今日はえいやと起きると外に日の光を感じた。久々の晴れだ。 しかし、私の目の調子はとても悪い。きのうやけくそでガンダムを見たからだ。 ガンダムを見るときの私の精神状態はあまり良い物ではない。非常に後ろ向きで 現実逃避をして、既知の楽しみを求めているからだ。
昼からはフライトの予定が入っていたので、風が強くて乗り気でなかったが、 スクールに行った。インストラクターも同じ考えで、結局フライトはキャンセル した。その後、家に帰って、留守電にいままでためてあったマヤのメッセージを パソコンに録音した。録音できるカセットレコーダーが無いので、仕方なく パソコンのwavファイルに落としたのだが、なんと17MBも食ってしまった。 それでも、マヤが話をし始めてからの成長の記録の一環として取っておく価値は 十分あると思う。
夜は大学関係のFermi Cupというパーティーに行って来た。これはECE Department (電気情報工学科)と我がMaterials Department(材料工学科)がそれぞれ同時に ビールの樽を開けて、どちらが先に飲み干すかを競い合うパーティーだ。 要はECEのscreening test(これに落ちるとDr.コース落第になる)が終わったあとの 打ち上げパーティーなんだが、unfairなことにMaterialsはまだこれに値する preliminary examが終わっていない。まあ、学生たちにとってはそんなの どうでも良いようであった。ちなみにMaterialsでは、秋のpreliminary examの 後にDowntownの18箇所のpubを飲み歩く、Annual State Street Golf Classic というのがある。Fermi Cupの結果は気合いの差でMaterialsが勝ち、私も 含め、相当盛り上がった。私もだいぶん飲み過ぎたようで、家に帰って すぐに胃の中の物をすべて吐いた。酒を飲んで吐くのなんて何年ぶりだろうか?


前の日/次の日/ もくじに戻る


Copyright (C) Tadao Hashimoto